和歌山県のお勧め遺品整理業者3社と知っておくべき4つの事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
和歌山県 遺品整理

和歌山県で身内が死亡して、死後の手続きも無事に終えて、そろそろ遺品も整理しなければと思い、近くの遺品整理業者に問合せをしてみようかなとされていますよね。しかし、はじめてのことなので、いろいろと不安になっているのではないでしょうか。

この記事では、遺品整理業者である私が、自社以外でお勧めできる和歌山県の遺品整理業者を3社お伝えします。ぜひ参考にしてくださいね。

1.和歌山県の遺品整理に関する特性

はじめに、3つの都道府県別ランキングにポイントを置いて、和歌山県の遺品整理に関する特性をお伝えします。

1-1.年間不法投棄量:【第15位】

和歌山県の年間不法投棄量は600トンで全国第15位の量です。全国平均の1,500トンの約3分の1強になります。しかし人口割合で見ると、決して少ないわけではありませんので、遺品整理業者を選ぶ際は、特に不法投棄に気をつけましょう。

参照元URL:http://grading.jpn.org/y2603003.html

1-2.家具の年間支出額:【第36位】

和歌山県の1世帯あたりの家具支出額(年間)は、2,991円で3,000円を下回っており全国第36位です。家具の量が少ないと、持ち主の死亡後に必要になる遺品整理の手間もあまり掛からないので個人でも可能かもしれませんね。

参照元URL:http://www.nanchatte.com/kenmin/一般家具

1-3.六十五歳以上の高齢者がいる世帯数:【第37位】

和歌山県の65歳以上の高齢者がいる世帯数は181,097世帯です。全国平均の411,440世帯の半数以下であり高齢者が少ない県といえます。そのため死亡後に行なわれる遺品整理の必要性が低い県なのではないでしょうか。

参照元URL:http://grading.jpn.org/SRA8111.html

2.和歌山県のお勧め遺品整理業者3社

サイト名・会社名 きしゅうサービス 
電話番号  073-472-3103
所在地  和歌山県和歌山市北出島127-11
サイト名・会社名 株式会社アスタサービス 
電話番号  0800-777-7733
所在地 和歌山県和歌山市和歌浦東4丁目3-19 
サイト名・会社名  あおぞら株式会社 遺品整理センター
電話番号 0120-594-524 
所在地 和歌山県和歌山市鳴神1051番地1 WINGはなやま 

【注意点】上記3社に見積りを申込む際でも、ご自身でも「絶対知っておくべき!失敗しない正しい遺品整理業者の選び方」等を参考して悪徳業者でないことを確認してください。我々のような同業者でさえも欺く、人を騙すことを生業としている業者がいることは否定できません。

3.お勧めする3つのワケ

この項目では、私が同業他社をお勧めする主な3つのワケをお伝えしています。

3-1.同業者から二度以上良い噂や評判が流れたから

ネット上の口コミは、ほとんどがヤラセなので信用できませんが、人づてで聞いた生の声は信用に値します。それも同業者からの声であればなおさらです。

3-2.遺品整理を専門にしている業者と思われるから

不用品回収業者や便利屋の遺品整理は、慣れていないので、どうしても雑になりがちです。その点専門業者は、遺品扱いが丁寧で、遺品整理の手順や技術に長けています。

3-3.サイト構成がシンプルで分かりやすかったから

遺品整理に従事していると、遺品整理に関することが当たり前になって、いざ分かりやすく説明するのは難しいものです。そんな中でも分かりやすいサイト業者は、お客様目線で営業している証拠ともいえます。

4.遺品整理業者を選ぶ前に知っておくべき4つのこと

遺品整理を不用品回収のように何度も業者に依頼される人はあまりいないですよね。そのため、予備知識が乏しいので、遺品整理業者に問合せすることさえ躊躇されているのではありませんか。しかし躊躇したままだと、何の解決にもなりませんよね。

その対策には、まずはこれさえ知っておけば躊躇することがなくなるポイントを知ることです。
それは下記の4つです。

  1. 悪徳業者のタイプ
  2. 遺品整理に掛かる時間
  3. 遺品整理という資格の実態
  4. TV放映されている業者の事情

詳しい内容は「一円も損をせずに遺品整理業者を選ぶための全知識と全手順」でお伝えしていますので、しっかりと知ってから遺品整理業者に問合せしましょう。

5.まとめ

この記事では、和歌山県の遺品整理業者3社をお勧めしましたが、参考になったでしょうか。しかし、まだ不安を拭えない人は、いつでも私たちまでお問合せください。しっかりとアドバイスさせていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

コメントを残す

*