死臭の清掃に迫られた時に抑えておくべき3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
死臭 清掃

身内や店子さんの孤独死やペット死亡により、その死臭をなんとか清掃しなければならない状況なのではないでしょうか。しかし、一体何をどうしていいやら、まったく分からなくてお困りですよね。

そこで、今日は「業者が行なっている死臭の清掃方法」と「1円でも安く死臭を消臭清掃する方法」をお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

1.業者が行なっている死臭の清掃方法

ここでは、自分で死臭を清掃してみたけどあまり消臭できない場合や、そもそも清掃自体、自分ではできない場合を想定して、業者が行なっている死臭の消臭方法をお伝えします。

1-1.孤独死の死臭

孤独死があった部屋の死臭清掃は、特殊清掃業者が行ないます。特殊清掃業者とは、ハウスクリーニング業者では、決して対応できない遺体があった部屋を専門に清掃消臭する特殊な技術を持った専門業者のことです。

■害虫駆除

腐敗臭の消臭作業1
死体があったフトンなどに、ゴキブリやウジ、ハエを発生していれば、殺虫剤を使用して害虫を駆除します。極力、取り逃がしがないように掃除機で吸うこともあります。特にウジはタタミと同系色で気づきにくいので、注意深く駆除します。

■腐敗体液の付着物の撤去

腐敗臭着物の消臭撤去

フトンやタタミ、マットレスなど直接、遺体が触れていた物は、全て二重三重に梱包して搬出、回収します。その際に腐敗体液が、例え僅かでも他箇所に付着しないように細心の注意を払って行ないます。

■床や壁などの拭き取り作業

腐敗臭消臭:床の拭き取り作業

遺体から流れ出て腐敗体液が付いた床や壁などの撤去できない物は、入念に拭き取り作業を行ないます。雑巾やブラシ、コテ等の道具を使用して僅かの腐敗体液も取り除きます。

※敷居の隙間やフローリング自体等に深くまで染みこんで、物理的に拭き取り作業ができず消臭が出来ない場合は、要望があればリフォームも行ないます。

■消臭剤の散布(該当箇所)

腐敗臭の消臭作業:スプレー

腐敗臭(死臭)専用の特殊な消臭剤を拭き取りした箇所へ散布します。拭き取り状況によっては、たんぱく質を除去する薬剤を散布することもあります。

■生活用品を整理後、搬出処分

腐敗臭消臭:家具の運び出し作業

遺体があった箇所だけ消臭しても絶対に部屋から死臭を消臭することは出来ません。その理由は、部屋にある家電や家具などの生活用品にも腐敗臭が付着しているからです。この生活用品を整理し、搬出処分することを遺品整理といいます。

詳しい遺品整理の方法は「一円も損をせずに遺品整理業者を選ぶための全知識と全手順」でその詳細をお伝えしています。

■簡単な清掃

腐敗臭消臭:簡単清掃

カーテンレールや照明の傘、長押などのホコリを落とし、ホウキや掃除機で綺麗にします。このホコリにも腐敗臭が付着しているので、部屋の隅々まで清掃します。

■消臭剤の散布(部屋全体)

腐敗臭消臭:天井・壁・床にスプレー

腐敗臭(死臭)専用の特殊な消臭剤を床や壁はもちろん、天井まで部屋全体に散布します。その散布量は、多くても少なくても消臭力に影響しますので豊富な経験が必要です。そして消臭剤の成分が落ち着く(約30分間)まで待機します。

■消臭確認

腐敗臭消臭:床に鼻で確認

遺体があった箇所はもちろん、他の床や壁、窓などにも実際に1cmぐらいまで鼻を近づけて、死臭の有無を確認します。鼻が死臭の刺激に慣れてくると判断がしにくくなるので「外に出る→新鮮な空気で鼻をリフレッシュさせる→鼻を近づけて消臭確認」を何度も何度も繰り返します。死臭消臭が確認できたら次の消毒剤の散布へ進みます。

■消毒剤の散布(部屋全体)

腐敗臭消毒:天井・壁・床にスプレー

腐敗臭を消臭できても遺体特有の細菌が残っている場合もあります。そのため、部屋全体に専用の消毒剤を散布します。

■再度、消臭確認

腐敗臭消臭:床に鼻で確認

最後にキチンと消臭できているかどうかの最終確認をします。その方法は、上記と同じく何度も何度も部屋中の至る箇所に鼻を近づけて確認します。消臭できていなければ、その原因を突き止めて再度消臭消毒作業を行ないます。

1-2.ペットの死臭

ペットの死臭は、死後の経過日数にもよりますが、通常はハウスクリーニング業者が行ないます。その一般的な清掃方法は次の通りです。

1-3.エアコンからの死臭

エアコン内部でネズミが死んで、そこから死臭が発生することがあります。そのようなエアコンの死臭清掃は、もちろんエアコンクリーニング業者が行ないます。

1-4.注意事項

いくら、その道の業者が丹念に清掃しても死臭が消えないこともあります。まるで亡くなった人や動物の霊が存在をアピールしているかのように。文字通り、原因不明の死臭で、この業界では、暗黙の了解になりつつあります。その場合は、どうしても部屋のリフォームやエアコンの新品交換が必要になることもあります。

2.死臭清掃の料金目安

孤独死の死臭=特殊清掃業者
料金目安 50,000円~500,000円(総額・税別)

※死臭の程度によって大きな差があります。

ペットの死臭=ハウスクリーニング業者
料金目安 3,000円~64,000円/40㎡以内

※死臭の程度によって大きな差があります。

エアコンからの死臭=エアコンクリーニング業者
料金目安 6,800円~12,000円/台

3.1円でも安く死臭を消臭清掃する方法

もちろん業者よりも自分で死臭を消臭清掃すれば、一番安く死臭を消臭できます。しかし、生理的にどうしても自分でできない人もおられると思いますので、自分でする方法と業者に依頼する場合に分けて、1円でも安く死臭を消臭清掃する方法をお伝えします。

3-1.自分でやるペットの死臭清掃の方法

ペットの死臭は、臭いの程度によりますが、死骸を回収して、アルコール消毒と家庭用消臭剤を散布すれば、死臭が消えることもあります。つまり通常の清掃でも十分な場合もあります。

注意点は、その際 絶対に芳香剤を散布しないことです。いくら香りで誤魔化しても、死臭の元を断たないと、時間の経過とともに再び死臭が目立つようになるからです。

また、ペット死亡からある程度日数が経過して、死臭が酷い場合は、はやり個人(自分)では、手に負えないので特殊清掃業者等に依頼することをおススメします。

3-2.ペットの死臭以外は、自分で清掃をしないほうがいい

孤独死とエアコンの死臭清掃は、極力自分でされないほうがいいでしょう。もちろんそれには、ちゃんとした理由があります。それは以下の2つです。

■自分でエアコン清掃=壊れる可能性が高い

エアコンは電子製品です。そのため、水には大変弱いです。エアコンクリーニングの知識とある程度の経験がないと、絶対に水を掛けてはならない箇所に掛けてしまい、エアコンを壊してしまうのが関の山です。

また壊さないまでもエアコン内部を隅々まで清掃できないので、どうしても死臭が残ってしまうでしょう。

■自分で孤独死清掃=高確率で死臭が残る

孤独死があった部屋を自分で清掃しようとされる人は稀ですが、たとえ自分で死臭を消臭清掃しようとされても、はやり自分でされないほうがいいでしょう。その理由は、死臭が残ってしまうからです。

人間は、草食とも肉食とも違う雑食動物のため、その遺体はこの世のものとは思えないほどの強烈な悪臭を放ちます。その清掃や消臭には、特殊な消臭剤と豊富な経験で得た清掃技術が必須です。そのため、孤独死部屋は、個人(自分)で清掃、消臭されても決して死臭が消えることはありません。

3-3.業者に依頼する場合

金額が低い業者に依頼すれば、いいわけではありません。なぜならば、キチンと死臭が消臭清掃されていなければ、いくら金額が低額でも安くはないですからね。そこで気をつけなければならないのが、消臭技術を持ってない悪徳業者の存在です。業者依頼で1円でも安く死臭を消臭清掃するには、悪徳業者を回避することが必要不可欠です。

その具体的な回避方法は「プロ直伝!特殊清掃会社で悪徳業者と優良業者を見分ける方法」で詳しくお伝えしています。

4.まとめ

この記事では、死臭の清掃方法と、それを1円でも安くできる方法等をお伝えしましたが、いかがでしたか。もしも、この記事をお読みになって少しでもあなたの力になれたのでしたら、うれしいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたが抱えている「特殊清掃問題」は、
私たちが必ず解決いたします!

特殊清掃の100%無料現地見積りを受付中!

  • 自分で部屋を清掃したいが、心情的にとてもできない
  • 死臭が部屋から漏れ出し、近所から苦情がきている
  • 一人で亡くなったことを思うと、後悔の念で何もできない
  • 遠方だから自分たちで部屋を清掃できない
  • 身内として、その遺体現場の衝撃に耐えられない
  • 大家からすぐに部屋を片付けるよう迫られている
上記のどれか1つでも当てはまる人は、私たちまでご連絡ください。あなたに代わって「特殊清掃問題」を解決いたします!

しかし、その料金金額が気になりますよね。そんなときは、まずは無料現地見積りをお申込みください。 見積り当日中に正確な特殊清掃料金の総額を知ることができます。

>> 無料見積りはこちら <<

 

コメントを残す

*