岡山県の特殊清掃業者一覧表とハウスクリーニングとの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
岡山県 特殊清掃

岡山県で身内が亡くなり、まだ気持ちが落ち着かない中、賃貸部屋だったため、一刻も早く退去せねばならず、急いで特殊清掃業者をお探しですよね。しかし何の情報もないまま、急ぎで業者を決めると、取り返しのつかないことになるかもしれませんよ。

そんなあなたのために、特殊清掃業界に身を置いて5年以上経過する私が推奨する岡山県の特殊清掃業者を3社お伝えしますので、じっくりと参考にしてください。いくら大家から急かされても、悪徳業者に依頼してしまったら目も当てられませんからね。

1.岡山県の特殊清掃に関する特性

はじめに岡山県の特殊清掃に関する特性を3つの全国ランキングにポイントを置いてお伝えします。

1-1.【19位】年間の平均気温の高さ

岡山県の年間平均気温は16.1度で、全国平均の15.2度より約1度高めで都道府県別で第19位です。気温が高いということは病気等による孤独死があった際、その遺体の腐敗が進みやすくなりますので、特殊清掃を依頼する機会が多い県といえます。

参照元:http://grading.jpn.org/SRB02101.html

1-2.【39位タイ】年間の平均湿度の高さ

岡山県の年間平均気温は66%で全国第39位タイです。全国平均湿度の70%より少し湿気が少ない県といえます。気温にもよりますが、湿度が高い地域よりも低い地域のほうが遺体は腐食しにくいので、特殊清掃の際、比較的手間が掛からない県と考えられます。

参照元:http://grading.jpn.org/SRB02201.html

1-3.【16位】単独世帯数の多さ

岡山県の単独世帯数は、全国16位の226,002世帯であまり多くはありません。ちなみに全国平均は357,117世帯です。単独世帯数は、言い換えれば一人暮らしの人数でもあるので、孤独死の件数も少なくなることは予想され、特殊清掃の需要が低い県ではないでしょうか。

参照元:http://grading.jpn.org/SRA810105.html

2.岡山県の推奨できる特殊清掃業者一覧表

サイト名・会社名 岡山サンライフクリーン 
電話番号 0120-755-747 
所在地  岡山県岡山市南区北七区808
サイト名・会社名 桃太郎アテンドサービス 
電話番号 086-234-8286 
所在地 岡山県岡山市南区新保1145-2 
サイト名・会社名 岡山特殊清掃110番 
電話番号 086-250-2695 
所在地 岡山県岡山市北区表町2-6-30 

上記業者は、あくまでも私一個人が推奨する特殊清掃業者です。人の感覚は様々ですので、場合によっては、業者対応や特殊清掃サービスに満足できないこともあります。必ず「プロ直伝!特殊清掃会社で悪徳業者と優良業者を見分ける方法」を参考にして、ご自身が納得されてから特殊清掃をご依頼ください。

3.推奨する3つの理由ポイント

ここでは、同業である私がわざわざ他社を推奨する理由を3つお伝えしています。

3-1.同業である私たちの耳にも良い評判が入ったから

同業である私たちも良い評判を知っているということは、普段からお客様のことを考え、特殊清掃をしている証拠と考えていいでしょう。良い評判が流れるまでには、並大抵ではない努力と持続が必要なのは言うまでもありません。

3-2.サイトがお客様目線で作成されているから

私が見て「ココはいいな」と思うサイトは、やはりお客様にも分かりやすいものです。同業だから言えるのですが、特殊清掃サービスを提供している者が、特殊清掃のことを知らない人に分かりやすく伝えるのは、結構難しいのですよ。

3-3.特殊清掃の専門業者であると思われるから

不用品回収もやっているし便利屋業務もやっている業者は、推奨できません。なぜならば、特殊清掃のメイン業務である死臭消臭には、専門的な技術やノウハウ、経験が必要だからです。

4.特殊清掃業者とハウスクリーニング業者の違いについて

よく勘違いされるのですが、特殊清掃とハウスクリーニングは全く異なった清掃になります。ハウスクリーニングの役目は、室内を綺麗にすることがメインですが、特殊清掃は、部屋に残された腐敗体液から発せられる死臭を消臭することがメイン作業です。部屋の清掃は、退去時に行なう簡単な掃き掃除や拭き掃除程度になります。

実際に特殊清掃業者が行なっている清掃作業は「特殊清掃の業者の正しい選び方と絶対に騙されない為の全知識」で詳しくお伝えしています。

5.まとめ

岡山県のお勧めできる特殊清掃業者を3社ほどお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。あなたの業者選びに少しでもお力になれたのでしたらうれしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

コメントを残す

*