新潟県のお勧め遺品整理業者3社と事前に知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
新潟 遺品整理

新潟県で身内が死亡して、死後の手続きも無事に終えて、そろそろ遺品も整理しなければと思い、近くの遺品整理業者に問合せをしてみようかなとされていますよね。しかし、はじめてのことなので、いろいろと不安になっているのではないでしょうか。

この記事では、遺品整理業者である私が、自社以外でおススメできる新潟県の遺品整理業者を3社お伝えします。ぜひ参考にしてくださいね。

1.新潟県の遺品整理環境の特色

まずは、遺品整理に関連する視点から新潟県の環境について3つの都道府県ランキングでその地域特色をお伝えします。

1-1.【第14位】65歳以上の人口

新潟県の65歳以上人口は、平均の655,170人より僅かに少なく約639,000人で全国第14位です。65歳以上人口がほぼ平均的な人数ですので、やはり必然的に遺品整理が必要になる機会も多いことになります。

参照元URL:http://grading.jpn.org/SRA1303.html

1-2.【第6位】持ち家住宅の延べ床面積

新潟県の持ち家住宅延べ床面積(平均)は161.7㎡で全国第6位です。全国平均の133.6㎡より28.1㎡も広くなっています。また借家住宅延べ床面積は49.2㎡あります。一般的に遺品の量は、住宅延べ床面積に比例していると思われます。

参照元URL:http://uub.jp/pdr/h/home_7.html

1-3.【第30位】廃棄物の最終処分場残余容量

新潟県の廃棄物の最終処分場残余容量は907千m3で全国第30位です。全国平均の2,469千m3よりかなり少ないといえますので、将来的に遺品処分費用が高騰する可能性が高いのではないでしょうか。

参照元URL:http://grading.jpn.org/SRH5617.html

2.新潟県のおススメ遺品整理業者3社

サイト名・会社名 ありがとう屋 
電話番号 025-211-8303 
所在地 新潟県新潟市西区小針6-21-1 
サイト名・会社名 株式会社 結縁 
電話番号  0120-767-611
所在地 新潟県新潟市中央区万代3-2-23-912 
サイト名・会社名 あいとうの杜 
電話番号 0120-461-163 
所在地 新潟県新潟市南区鯵潟638-13 

【注目】上記3業者は、私なりに厳選したつもりですが、100%信頼できる業者というわけではありません。また私とあなたの感覚の違いから、満足度の低い遺品整理業者も含まれている可能性もあります。必ず「5つの遺品整理トラブル事例|その最新手口と回避方法」を参考にして、ご自身で確かめてから見積り等をご依頼ください。

3.おススメする3つの理由

同業者である私が、ここで公開してまでおススメしている理由は以下の3つです。

3-1.いい評判や良い口コミを聞いたことがあるから

悪い評判や口コミがすぐに広がりやすいが、その反対はすぐに広がるものではありませんよね。そのため一度でも良い評判を聞いた業者は優良であると思っていいでしょう。

3-2.その業者サイトの内容が分かりやすかったから

色合いが多彩できれいなサイトは、一見良さそうな業者と思われがちですが、お客様の知りたいことはあまり書かれていないことが多々あります。意外とシンプルで地味なサイト業者のほうがよかったりします。

3-3.遺品整理をメインに営業している業者だから

遺品整理と同時に不用品回収にも力を入れている業者は、おススメできません。なぜならば、その両者の作業内容が全く異なるからです。詳しくは「遺品回収業者=悪徳業者である可能性が高い理由」でお伝えしています。

4.遺品整理業者を選ぶ前に知っておくべき4つのこと

遺品整理を不用品回収のように何度も業者に依頼される人はあまりいないですよね。そのため、予備知識が乏しいので、遺品整理業者に問合せすることさえ躊躇されているのではありませんか。しかし躊躇したままだと、何の解決にもなりませんよね。

その対策には、まずはこれさえ知っておけば躊躇することがなくなるポイントを知ることです。
それは下記の4つです。

  1. 悪徳業者のタイプ
  2. 遺品整理に掛かる時間
  3. 遺品整理という資格の実態
  4. TV放映されている業者の事情

詳しい内容は「一円も損をせずに遺品整理業者を選ぶための全知識と全手順」でお伝えしていますので、しっかりと知ってから遺品整理業者に問合せしましょう。

5.まとめ

私が新潟県で推薦できる遺品整理業者3社と事前に知っておくべき4つのことをお伝えしましたが、参考になったでしょうか。業者を決める際は、くれぐれも自己判断で慎重に選んでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

コメントを残す

*