遺品整理と特殊清掃の違いは?どちらに依頼するかの判断基準

特殊清掃の知識

遺品整理と特殊清掃の違いは?どちらに依頼するかの判断基準
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

親族が孤独死してしまい、突然の悲しみで辛いなか、その部屋の遺品整理に迫られたとき、果たして遺品整理業者に問合せをすべきか?特殊清掃業者に問合せをすべきか?正常な判断ができませんよね。

そんなあなたに、孤独死があった部屋の遺品整理は特殊清掃業者に依頼すべき理由をお伝えします。

間違った業者に問い合わせをして、さらに辛い思いをしないように是非知っておいてください。まずは、特殊清掃と遺品整理に違うから説明していきますね。

特殊清掃と遺品整理の違いについて

はじめに、人が亡くなった際に必要と思われている特殊清掃と遺品整理の違いについて、主なポイント3つを挙げてみました。

【ポイント1】料金決定の基準が異なります

特殊清掃の料金表
腐敗体液
汚物撤去
20,000円~350,000円
害虫駆除15,000円~50,000円
消臭消毒20,000円~100,000円
合計55,000円~500,000円

特殊清掃は、主に該当箇所や死臭度合い、害虫駆除、撤去物の有無によって料金が決まります。

遺品整理の料金表
ワンルーム30,000円~100,000円
1DK30,000円~120,000円
1LDK・2DK50,000円~250,000円
2LDK・3DK90,000円~420,000円
3LDK・4DK120,000円~680,000円
4LDK・5DK150,000円~800,000円

一方、遺品整理は、基本的には遺品の量(間取り)とその種類によって料金が決まります。

【ポイント2】サービス内容が明確に違います

サービス内容特殊清掃遺品整理
消臭消毒有り無し
汚物撤去有り無し
害虫駆除有り無し
荷物整理無し有り
家財回収無し有り

上記表から分かるように、特殊清掃は消臭消毒と汚物撤去により死臭消臭サービスをメインにしており、遺品整理は家具の整理と回収サービスをメインにしています。

【ポイント3】ニーズの違いによって選ぶべき

特殊清掃も遺品整理も人が亡くなった際に必要と思われていますが、それは下記のように死亡した場所によってニーズの有無を判断すべきでしょう。

  • 部屋で孤独死した場合 → 特殊清掃
  • 病院で死亡した場合 → 遺品整理

特殊清掃が必要な部屋の遺品整理が遺族でできない理由

次に、特殊清掃が必要な部屋にある遺品を遺族の人ができない理由を3つと、実際に遺族で遺品整理されている割合をお伝え致します。

理由① 突然の家族の死で正常な精神状態ではないから

一般の人であれば「家族が孤独死した」と警察から連絡を受けた時点でひどく動揺してしまいます。

長らく連絡を取っていなかったことを後悔して自責の念に悩まされ、精神的に追い込まれます。

とても通常の精神状態ではありませんので、その家族が生活していた部屋で遺品整理するなんて到底できるはずがありません。

理由② 遺体からの腐敗臭が酷く入室さえも困難だから

遺体からの腐敗臭というものは、日常生活における腐った臭いや刺激臭とは全く別物で、この世のものとは思えないほどの刺激です。

人間も動物ですので、同種族の肉体が腐敗した臭いを本能的にキャッチし身の危険を感じるから、遺体の腐敗臭から遠ざかる衝動になるのではないでしょうか。

まして親族の場合でしたら、なおさらでしょう。

理由③ プロによる消臭作業でないと大家が了承しないから

孤独死があった部屋が賃貸だった場合は、大家の了承がないと退去は完了しません。

大家の立場からすると、素人の遺族がいくら丁寧に消臭をしたとしても、次の入居者のことを考えると不安になってしまいます。

そのため孤独死があった場合、ほぼすべての大家は専門業者つまりプロによる消臭作業がされていなければ退去完了を了承しません。

遺族が遺品整理している割合=5%以下

正確なデータを取っているわけではありませんが、遺族からの電話相談の内容から察するに、私の感覚では100人に5人も自身で遺品整理をされていないと思われます。

お金が本当になくて、どの業者に見積もりしても金額が合わず、そして大家からは執拗に死臭消臭するよう責められて窮地に追い込まれて、自身でされている人がまれにおられますが、本当は100人に1人か2人ぐらいではないでしょうか。

つまり約95%以上の遺族は、業者に孤独死があった部屋の遺品整理を依頼しているのが現状です。

しかし業者によっては孤独死があった部屋の遺品整理は受付けないところもあります。詳しくは次項目をご覧ください。

遺品整理と特殊清掃の違い

まずは、遺体が警察に引き取られた後~遺品整理完了までの全体の流れを掴んでください。

部屋の死臭消臭=特殊清掃
遺品整理作業 ※ただし死臭が付いている
簡単な部屋の掃除 ※ただし死臭が付いている
作業を確認して完了

遺品整理とは、通常2~4の作業を指します。

通常の遺品整理業者は孤独死部屋を想定していない

しかし一般的な遺品整理業者は、孤独死があった部屋の遺品整理と聞くと身構えて退散するか、見積り時に死臭に耐えられず「ごめんなさい」と去っていくのが関の山です。

つまり一般的な遺品整理業者は、病室など別の場所で亡くなった人の遺品を整理することを想定しています。

そのため特殊清掃後でも遺品整理業者は死臭の付いた遺品を整理しないのが一般的です。

特殊清掃業者は遺品整理作業にも精通している

一方、特殊清掃業者は死臭消臭の清掃技術や経験をもちろん豊富に持っていますが、意外にも遺品整理作業も経験を多く積んでいます。

なぜならば部屋からキチンと死臭を消すには、死臭が付いた遺品の整理、回収、処分も必須だからです。

そのため、特殊清掃業者は遺品整理作業にも高い経験値を持っています。遺品整理の作業内容についても、遺品整理業者と何ら差はありません。

遺品整理業者と特殊清掃業者は別業種

多くの人が特殊清掃業者をハウスクリーニング業者の延長と捉えられているようですが、現実は全く別業界の業種と思ってください。

特殊清掃業者の主な作業は、清掃作業ではなく死臭の消臭作業です。

孤独死部屋の遺品整理なら特殊清掃業者に依頼すべき

このように特殊清掃が必要な部屋の遺品整理の場合、部屋中に死臭が充満しているため、遺品整理作業の前に特殊清掃作業が必須になりますよね。

であれば始めから特殊清掃業者に問合せするほうが自然な流れですよね。

時々、特殊清掃は特殊清掃業者に…、そしてその後の遺品整理は遺品整理業者に…と複数の業者に依頼される人がいらっしゃいます。

しかし、すべてを特殊清掃業者に依頼することをおススメします。そのワケは、以下の3つのメリットがあるからです。

【メリット1】責任所在ははっきりとする

万が一、死臭がキチンと消臭されていない場合、2つの業者に依頼していると、それぞれの業者は牽制し合い責任の擦り付け合いになります。

【例】死臭が残っている

  • 遺品整理業者の言い分=「特殊清掃業者がキチンと消臭していないから」
  • 特殊清掃業者の言い分=「遺品に付いていた死臭が他箇所にも付いたから」

このようなことになって一番損をするのは、依頼者であるあなたです。そうならないためにも必ず孤独死部屋の遺品整理は1業者に絞って依頼しましょう。

【メリット2】会計に無駄がなくなる

通常、料金の中には基本料金と表示されていなくても基本料金的な要素も当然ですが含まれています。

2つの業者に依頼するということは、その基本料金に当たる金額を2重に負担するということになります。

それに運搬費や人件費も2重に支払わなければならなくなることも考えられます。

【例】費用がダブっている

  • 2業者の場合:1業者が死臭の発生源であるフトンなどを廃棄物工場へ運搬後、もう一方の業者が不要な遺品などをまた廃棄物工場へ運搬する。
  • 1業者の場合:死臭がするフトンも遺品も一緒に廃棄物工場へ運搬できる。

このように1つの業者に依頼することで基本料金部分の圧縮や2重の費用支払いを防止できるので、必ず1つの業者に依頼しましょう。

【メリット3】死臭の消臭率が高くなる

部屋の中に遺品があると、しっかりと死臭の消臭確認ができません。その理由は遺品にも死臭が染み付いているからです。

【例】遺品があると消臭確認できない

  • 2業者の場合:特殊清掃業者が消臭作業を終えても死臭付きの遺品があるため、しっかりと消臭確認ができない。
  • 1業者の場合:遺品整理後も特殊清掃業者が現場にいるので、キチンと消臭確認作業ができる。

特殊清掃業者と遺品整理業者の共同作業となると、先に特殊清掃作業を終えて、それから遺品整理をすることになります。

この場合だとキチンと消臭されたかどうかの確認が特殊清掃業者では確認できないので、消臭率は下がってしまいがちになります。

遺品整理も特殊清掃業者に依頼すると

遺品整理後もキチンと消臭確認作業ができるので、万が一の場合は再度消臭作業を行なうことができるので消臭率は高くなります。

よって孤独死部屋の遺品整理も特殊清掃業者に依頼すべきといえます。

【注目記事】特殊清掃って一体どうやるの?
特殊清掃って、ハウスクリーニングのやり方とは違うと思うが、実際にはどのような方法で行なわれているだろうかと思われますよね。
そこで、私たちが行なっている具体的な特殊清掃の手順を「
急増している孤独死と特殊清掃の悲しい実態を現場のプロが語る」で、詳しく説明してますので、よろしければご覧ください。

特殊清掃が必要な遺品整理の料金目安

総額85,000円~1,300,000円(税別)

つまり、特殊清掃料金と遺品整理料金の合計になるのですが、あまりにも金額範囲の幅が大きく分かりづらいと思うので、それぞれの内訳をお伝えします。

特殊清掃料金(総額・税別)

特殊清掃料金55,000円~500,000円

特殊清掃料金の内訳

腐敗体液
汚物撤去
20,000円~350,000円
害虫駆除15,000円~50,000円
消臭消毒20,000円~100,000円
  • リフォーム料金は含まれていません
  • 遺体発見までの日数や亡くなった箇所、腐乱状態等によって金額に幅があります。

遺品整理料金(総額・税別)

遺品整理料金30,000円~800,000円

遺品整理料金の内訳

ワンルーム30,000円~100,000円
1DK30,000円~120,000円
1LDK・2DK50,000円~250,000円
2LDK・3DK90,000円~420,000円
3LDK・4DK120,000円~680,000円
4LDK・5DK150,000円~800,000円
  • 上記、金額はあくまでも目安です。思い出の品の捜索や一日完了のご要望などによって、範囲を超えることもあります。
  • ゴミ屋敷などの特別に遺品やゴミが多い場合は、金額範囲を超えることがあります。

後悔しないための特殊清掃業者の選び方

特殊清掃業者に依頼することを決めた後は、その業者選びが重要です。多くの人は、一生のうち特殊清掃業者に依頼することは1度あるかないかですから、不安になるのも当然です。

例えば下記のようなことが気になり、不安になって業者への電話相談もしづらいですよね。

  • 高額請求/ボッタクリ
  • 死臭の消臭不足
  • 周囲への配慮不足

そこで、少しでもその不安を取り除いていただければと思い「悪徳な特殊清掃会社が行なっている事例と悪徳業者の実態と見分け方」の記事をご用意しております。

記事内では、悪徳業者の手口や優良業者の条件などを詳細にお伝えしていますので、ぜひ参考にしてください。

遺品整理業者を選んでも良い場合もある

遺体があった部屋の遺品整理は、何が何でもでも特殊清掃業者を選ぶ必要はなく、下記の理由から遺品整理業者に依頼されて良い場合があります。

  • ほとんど死臭が発生していないから
  • 腐敗体液付着物すべての撤去が簡単だから
  • ついでに部屋や家を取り壊す予定だから

遺品整理業者についてや正しい業者の選び方などの詳細は、「遺品整理のやり方と悪徳業者に騙されない判別方法」でお伝えしています。

特殊清掃会社の求人情報の探し方

最後に、実際に特殊清掃の仕事をやってみようとお考えの人に、手軽に行動しやすい順に主な求人情報の探し方をお伝えします。それは以下の3つです。

  • 特殊清掃会社のサイトから探す
  • ハローワークで探す
  • 求人折込チラシから探す

具体的にはどのようにすればいいのか、またより採用されやすくなる方法については「急増している孤独死と特殊清掃の悲しい実態を現場のプロが語る」で詳しくお伝えしています。

まとめ

特殊清掃が必要な部屋の遺品整理についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。死臭の程度にもよりますが、極力 特殊清掃業者に依頼することもおススメします。

なぜならば、いくら遺品整理がキチンとできても死臭が残っていたら満足できないからです。

0 0 vote
Article Rating
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたが抱えている「特殊清掃問題」は
私たちが必ず解決いたします!

 

  • 自分で部屋を清掃したいが心情的にとてもできない
  • 死臭が部屋から漏れ出して近所から苦情がきている
  • 一人で亡くなった事を思うと後悔の念で何もできない
  • 遠方だから自分たちで部屋を清掃できない
  • 身内として、その遺体現場の衝撃に耐えられない
  • 大家からすぐに部屋を片付けるよう迫られている

上記のどれか1つでも当てはまる人は私たちまでご連絡ください。あなたに代わって「特殊清掃問題」を解決いたします!しかしその料金金額が気になりますよね。

そんなときは、まずは無料現地見積りをお申込みください。見積り当日中に正確な特殊清掃料金の総額を知ることができます。

特殊清掃100%無料現地見積り受付中!

0 0 vote
Article Rating

>> 無料見積りはこちら <<

田中 翔之助

田中 翔之助

ラストクリーニングの田中 翔之助です。特殊清掃や遺品整理でお困りの方から1つでも多くの「助かった!」を集めるために、そして悪徳被害を少しでも減らすために、インターネットでの情報発信と現場作業で日々奮闘しています!

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x