孤独死部屋の遺品整理をするときは死臭消臭が必要不可欠です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
孤独死 遺品整理

身内が孤独死してしまい、まだ気が休まることのない日々を過ごしている最中に遺品の整理をして欲しいと言われ、お困りなのではないでしょうか。

この記事では、遺品整理の方法や孤独死に伴う死臭消臭についてお伝えします。またその業者料金の目安も参考にしていただければと思います。

 1.基本的な遺品整理の手順

身内の方でも行なうことができる基本的な遺品整理の手順を6つのステップに分けてお伝えします。

1-1.貴重品や思い出の品を見つけ出す

遺品整理:貴重品・現金・通帳遺品整理:思い出の品

 

 

 

 

 

貴重品は、タンスや机の引き出しやテレビ台の中などによくありますので、探してみてください。また、思い出の品は本棚にあることが最も多いようです。

1-2.レンタル品を返却する

遺品整理:レンタル品

ほとんどの場合は、返却先が記載されていますので、連絡をして返却しておきましょう。面倒だからと、そのままにしておくと、後に多額の延滞金を請求されることもあります。

1-3.リサイクル可能な遺品は、買取り業者を依頼

遺品整理:白物家電3品

 

遺品整理:ブランド品

 

 

 

 

 

特に家電製品で製造から5年以内であれば、買取り対象品になることが多いようです。衣類は、シーズン季節前やシーズン前半であれば、買取り可能のようです。

1-4.その他の遺品を分別する

遺品整理:粗大ゴミ・ごみ

その地域のゴミ出しの分別方法に従って分別します。詳しい分別方法は、遺品整理を行なう市区町村のホームページで確認してください。

1-5.市区町村に不用品として出す

遺品整理:遺族がゴミ出し

タンスなどの粗大ゴミを出す場合は、事前に予約や支払いが必要になります。またキチンと分別されていないと回収されないこともありますので、近所迷惑にならなうように気をつけましょう。

1-6.簡単な清掃をする

遺品整理:簡単清掃

特に賃貸住宅の場合は、その掃除の有無で不動産会社や大家さんからの印象が変わることもありますので簡単でも構いませんから、必ず清掃しておきましょう。

2.代表的な形見例

ここでは、身内の方が形見としてお持ちになられた主な遺品をご紹介します。

2-1.アルバム・写真

孤独死 遺品整理:一人の写真や、集合写真のアルバムやはり、故人の面影が残る写真やアルバムを形見としてお持ち帰りになられる遺族の方が一番多いようです。

2-2.手紙類・日記

遺品整理:思い出の品

次には、故人の思いや考えなどが感じ取れる書物を形見分けされる遺族が多くいらっしゃいます。

2-3.故人の愛用品・趣味の品

孤独死 遺品整理:サングラス・ブローチ・絵画・切手収集本・腕時計最後は、故人が楽しんでいる様子が伺える愛用品や趣味の品を形見にされる方がおられます。もしかしたら、一緒に過ごした時間を偲んでおられるのかもしれませんね。

3.孤独死があった部屋には独特の臭いがある

遺品整理をしなければならない理由の1つに、不幸にも身内が孤独死してしまった場合があります。その際に気を付けなければならないことは、部屋の臭いです。その臭いはいわゆる死臭と呼ばれています。

亡くなった翌日か明後日に発見されれば死臭が発生することはほとんどありませんが、それ以外であれば大なり小なり、部屋には死臭が発生しています。死臭が発生する理由には、主に以下の3つがあります。

3-1.発見時期の遅れ

遺品整理:フトン

三日~七日以上、遺体発見まで日数が経過していると、死臭は発生していると考えていいでしょう。ちょっと生々しいですが、生肉を部屋に放置していると腐敗する原理と全く同じです。

3-2.室温の上昇

孤独死 遺品整理:室内で温度上昇している様子、フトンから死臭の発生夏場では室温が40度以上になることもあります。そうなれば当然、雑菌の繁殖が活発になるので、腐敗の進行度合いも早くなります。夏場では三日以上、遺体発見まで日数が経過していると、死臭は発生していると考えていいでしょう。特に夏場で七日以上経過していれば、強烈で異様な死臭が発生しています。

3-3.故人の体型

孤独死 遺品整理:スリムな体型、ぽっちゃりな体型体脂肪率の高い遺体は、腐敗の進行度合いは早まります。特に皮下脂肪が多い遺体は、死臭の発生度合いがより早いといわれています。

このような孤独死があった部屋を消臭することを「特殊清掃」といいます。近年では孤独死が増加傾向にあるので、特殊清掃の専門業者も登場しています。

入室に抵抗を感じるほど死臭が多い場合や、心情的にどうしても遺品整理ができない場合は業者へ依頼するしかありません。

4.業者が行なっている特殊清掃方法

ここでは、私たちが行なっている基本的な特殊清掃の方法をお伝えします。依頼者の要望や部屋の状況によって、順序が入れ替わったり、行程が省かれることもあります。

4-1.腐敗体液の付着物の撤去

特殊清掃:腐敗体液付着物の撤去

まずは、死臭の発生源である腐敗体液が付着した物をビニールを二重三重に梱包して撤去します。

4-2.腐敗体液の除去

腐敗臭消臭:床の拭き取り作業

床や敷居に付着している腐敗体液もブラシなどの工具を使って除去します。この工程が一番重要です。なぜならば、床や敷居の隙間に残っている僅かな腐敗体液も完全に除去しなければ決して死臭が無くならないからです。

4-3.一次消臭消毒作業

特殊清掃:床死臭消臭

腐敗体液が付着していた箇所の消臭消毒薬品の塗布をします。その後、作業中に腐敗体液が靴底について広まらないように、該当箇所に大きな布などを被せて養生します。

4-4.遺品整理作業

遺品整理

遺体があった箇所だけ消臭しても絶対に死臭は消臭できません。なぜならば、直接触れていない遺品にも死臭が付いているからです。死臭全体の約20%は遺品から発しているものです。そのため遺品の内容を確認しながら整理し、不用品は梱包して搬出します。

4-5.部屋全体の簡単な清掃

孤独死 遺品整理:床や鴨居などにはたき、もう一人が掃除機をかけている

ハエなどの害虫が飛び回ることによって死臭の元である腐敗した体液は、部屋中いたる箇所に広まっています。そのため、鴨居など高いところにあるホコリなども落とす必要があります。

4-6.二次消臭消毒作業

腐敗臭消臭:天井・壁・床にスプレー

死臭は空気を通して部屋全体に臭いが移っていますので、たとえフトンの上で亡くなってもキッチンやトイレなどの床や天井にも消臭消毒の薬品を散布します。

4-7.消臭確認

腐敗臭消臭:床に鼻で確認

部屋全体に鼻を近づけて消臭できたかどうかを確認します。特に腐敗体液が付着していた箇所は念入りに行ないます。

5.業者が行なっている遺品整理方法

ここでは、業者が行なっている基本的な遺品整理の方法をお伝えします。業者によっては、行程の順序が異なっていたり、省かれていたりすることもあります。

5-1.遺品の一次整理作業

遺品整理

貴重品・思い出の品・レンタル品を探し出し、取り置きします。

5-2.リサイクル品の買取りまたは無料引き取り

遺品整理費用:持込み

トラック車両に載せて、リサイクル店舗へ搬送します。

5-3.個人情報の適切な処理

孤独死 遺品整理:分別作業

パソコンなどは、専門のリサイクル店へ運搬します。紙類は専門の処理工場へ搬入します。

5-4.遺品の二次整理作業

孤独死 遺品整理:可燃不燃

残りの遺品を不要品と資源品と粗大品等に分けて、トラック車両に載せてそれぞれの処分工場へ搬送します。

5-5.簡単な清掃

遺品整理:簡単清掃

遺品整理作業の際に発生したホコリやゴミなどを掃除機やほうきで清掃します。

6.料金の目安

ここでは、お客様が実際に支払う総額(消費税別途)でお伝えします。遺品の量や死後経過日数によって、金額に大きな幅があることはご了承ください。

6-1.遺品整理の料金目安

遺品整理
(総額|ただし消費税は別途)
30,000円~800,000円

 

間取りごとの料金目安
ワンルーム 30,000円~100,000円
1DK 30,000円~120,000円
1LDK・2DK 50,000円~250,000円
2LDK・3DK 90,000円~420,000円
3LDK・4DK 120,000円~680,000円
4LDK・5DK 150,000円~800,000円

※ただし、いわゆるゴミ屋敷状態の場合はこの限りではありません。

6-2.特殊清掃の料金目安(孤独死の消臭)

特殊清掃
(総額|ただし消費税は別途)
55,000円~500,000円

 

特殊清掃料金の内訳
腐敗体液・汚物撤去 20,000円~350,000円
害虫駆除 15,000円~50,000円
消臭消毒 20,000円~100,000円

※腐敗体液の浸み込み範囲によっては、追加でリフォーム費用が発生することがあります。

7.遺品整理業者の中には孤独死部屋に未対応の業者もいる

孤独死で遺品整理が必要になった場合、遺品整理業者と特殊清掃業者のどちらに依頼しればいいのかはっきりと分かりませんよね。

その答えは「特殊清掃業者」です。なぜならば、実は遺品整理業者は、不用品回収の一環として遺品整理を行なってる業者がほとんどですので、死臭の消臭には慣れていないからです。

だから部屋の中に死臭があると戸惑ってしまい、遺品整理の依頼をお断りしている遺品整理業者もいるようです。またその適切な対処方法や消臭ノウハウも持っていません。

7-1.孤独死の遺品整理は必ず特殊清掃業者に依頼すべき

その点、先ほどもお伝えしましたが、遺品にも死臭が付いているので、キチンとした特殊清掃を行なうには、どうしても遺品整理もする必要があります。そのため、特殊清掃業者は必ず、遺品整理の経験やコツにも精通しているとも言えるのです。

だから孤独死の遺品整理は、必ず特殊清掃業者に依頼すべきといっても過言ではありません。

8.悪徳業者を見分ける方法

業者に依頼する際に最も気になるには「悪徳業者に騙されないか」ではないでしょうか。その騙しテクニックに騙さないようにするには、その手口を知っておく必要があります。

しかし、反面に文字通り特殊な依頼なのだから、優良で安い業者は決して存在しない理由も知っておくと、さらに悪徳業者に騙される確率は低くなります。

悪徳業者の手口の実態や具体的に安くならない理由を知りたい人は「プロ直伝!特殊清掃会社で悪徳業者と優良業者を見分ける方法」で詳しくお伝えしています。

9.まとめ

孤独死に伴う遺品整理についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。特に死臭が多い場合は、身内の人が遺品整理を行なうことは心情的にも困難だと思われますので、いつでも私たちに相談してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたが抱えている「特殊清掃問題」は、
私たちが必ず解決いたします!

特殊清掃の100%無料現地見積りを受付中!

  • 自分で部屋を清掃したいが、心情的にとてもできない
  • 死臭が部屋から漏れ出し、近所から苦情がきている
  • 一人で亡くなったことを思うと、後悔の念で何もできない
  • 遠方だから自分たちで部屋を清掃できない
  • 身内として、その遺体現場の衝撃に耐えられない
  • 大家からすぐに部屋を片付けるよう迫られている
上記のどれか1つでも当てはまる人は、私たちまでご連絡ください。あなたに代わって「特殊清掃問題」を解決いたします!

しかし、その料金金額が気になりますよね。そんなときは、まずは無料現地見積りをお申込みください。 見積り当日中に正確な特殊清掃料金の総額を知ることができます。

>> 無料見積りはこちら <<

 

コメントを残す

*