孤独死の消臭方法と専門業者に任せるべき3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
孤独死 消臭

親族が孤独死してしまって、まだ心が癒されない中、大家や近隣からのクレームで、その腐敗臭の消臭はどうすればいいのだろうと途方に暮れているのではありませんか。

今日は、その孤独死部屋の消臭方法と、あなたに代わって死臭消臭を行なう専門業者の存在についてお伝えします。きっとあなたのお力になれるはずです。

 1.孤独死部屋の消臭方法

ここでは、私たち孤独死の消臭専門業者が行なっている基本的な消臭方法をお伝えします。

1-1.害虫駆除

特殊清掃:害虫駆除

ハエやウジ虫、ゴキブリなどの害虫は、極力 取り逃がさないようにして捕まえて駆除します。そうしないと、害虫が逃げ回る際に部屋中に死臭を拡散させることになります。

1-2.死臭の元を撤去

特殊清掃:腐敗体液付着物の撤去

フトンや畳など腐敗体液が付着している物で撤去が可能な物は、極力 撤去して取り除きます。

1-3.腐敗体液の拭き取り

腐敗臭消臭:床の拭き取り作業

床やトイレ、風呂場など撤去が難しい場合は、ブラシやタオル、洗剤などで洗い落とします。

1-4.孤独死専用の消臭剤等を使用

特殊清掃:床死臭消臭

腐敗体液が付着していた箇所に特殊な孤独死専用の消臭剤を散布します。その後、雑菌の繁殖を抑えるため、専用の消毒剤も散布します。

1-5.消臭確認

腐敗臭消臭:床に鼻で確認

該当箇所に鼻を近づけて死臭が消臭できているかを確認します。この段階では、部屋全体の80%が消臭されていれば十分です。

1-6.遺品の整理後、搬出

腐敗臭消臭:家具の運び出し作業

亡くなった人の生活用品などの遺品にも死臭は付いています。そのため孤独死部屋の消臭には、遺品の搬出は不可欠です。

1-7.簡単な清掃

 

遺体現場 清掃:はたきで-長押、照明笠のホコリを取っている02

鴨居や長押、照明の笠などに溜まっているホコリにも死臭は付いています。はたきや雑巾などでホコリを取り除き、簡単な清掃をします。

1-8.部屋全体に孤独死専用消臭剤を使用

腐敗臭消臭:天井・壁・床にスプレー

居間で孤独死した場合、壁や天井はもちろんのこと、状況によってはトイレやフロ、玄関にまで死臭が付いていることもあります。そのため、部屋全体に孤独死専用の消臭剤を散布します。

1-9.再度、消臭確認

腐敗臭消臭:床に鼻で確認

最後に部屋全体の消臭確認をします。もしも死臭が残っている場合は、もう一度腐敗体液の有無を確認して消臭剤を散布し、また消臭確認をします。

1-10.注意事項

腐敗体液の広がり具合によっては、リフォームなどの特殊な施工が必要になることもあります。ここでは、代表的な例を挙げてみましょう。

■柱や敷居などの木材内部まで浸み込んだ場合

【リフォーム内容】構造的に可能であれば、新しい柱や敷居と取替えます。取替えが難しい箇所であれば、塗料などで死臭を抑えこみます。

■マンション床下のコンクリートまで達している場合

【リフォーム内容】コンクリートの表面を砕いて取り除き、表面に新しくコンクリートを施工します。コンクリート粉砕が構造的にできない場合は、そのまま表面にコンクリート用の塗料を塗布して消臭します。

2.孤独死の消臭は専門業者に任せるべき3つの理由

稀に一般の人が、孤独死の消臭に臨んでいるようですが、下記3つの理由から止めておいたほうがいいでしょう。

2-1.精神的・生理的に難しいから

孤独死の臭いは、脳裏に刻まれるほど強烈な死臭です。特に気温の高い夏場であれば、入室が困難なほどの悪臭が部屋全体に充満しています。夏場の孤独死部屋の消臭は、一般の人にはほとんど不可能と思われます。

2-2.死臭が残る可能性が高いから

死臭の元(腐敗体液)が僅かでも残っていると、その死臭は部屋全体に漂ってきます。警察が死体を引き取る際に、一般の人では想像も付かない箇所に腐敗体液が付着してしまうこともあります。その箇所を見つけられない限り、決して孤独死部屋が消臭されることはありません。

2-3.大家が納得しない場合が多いから

賃貸住宅で孤独死した場合、ほとんどの大家や不動産管理会社は、一般の人が消臭しただけでは納得されません。その理由の半分は、キチンと消臭できていないからで、もう半分は、多分気持ちの持ちようでしょう。

孤独死直後に発見された場合は、一般の人でも十分に消臭できていることもありますが、それでも多くの大家は、専門業者が消臭しないと了承しないようです。

上記3つの理由から、親族が孤独死で亡くなった場合の消臭は専門業者に任せるべきといえます。

ちなみにこの専門業者のことは「特殊清掃業者」と呼ばれていて、インターネットで検索すれば、多数の業者を見つけることができます。特殊清掃業者については「特殊清掃の業者の正しい選び方と絶対に騙されない為の全知識」で詳しくお伝えしています。

3.後悔しないための消臭業者の選び方

孤独死部屋の消臭をする特殊清掃業者にも残念ながら、悪徳業者は存在します。例えばお客様の足元を見たボッタクリ業者や死臭消臭のノウハウを持っていない業者、高額なリフォームをいきなり薦めてくる業者など、その悪徳手口は多種多様で、年々変化しています。

そこで、その業者が悪徳かどうかの判断材料になればと思い、一般の人に向けて「プロ直伝!特殊清掃会社で悪徳業者と優良業者を見分ける方法」記事をご用意しました。ぜひ参考にしてください。

4.孤独死の消臭料金(総額)

孤独死消臭 55,000円~500,000円(総額|ただし消費税は別途)

※遺体発見までの日数や亡くなった箇所、腐乱状態等によってどうしても金額に大きな幅があることはご了承ください。
※原状回復リフォーム費用は含まれていません。
※家具の処分などの遺品整理料金は含まれていません。

4-1. 孤独死消臭料金の内訳

腐敗体液・汚物撤去 20,000円~250,000円
害虫駆除 15,000円~100,000円
消臭消毒 20,000円~150,000円

4-2.孤独死消臭だけで死臭を消臭することはできない

遺体の腐敗状況にもよりますが、通常遺体があった箇所だけ、清掃しても死臭が消えることはありません。そのわけは、遺品にも死臭が移っているからです。孤独死消臭だけでは、約80%の死臭は消臭されますが、残りの約20%は残ってしまいます。

20%残るイメージは、室内では臭いが分かりますが、室外に臭いが漏れ出すことが無い程度になります。それでは、納得できない人は合わせて遺品整理も依頼することをおススメします。

■遺品整理の料金相場(総額|ただし消費税は別途)

ワンルーム 30,000円~100,000円
1DK 30,000円~120,000円
1LDK・2DK 50,000円~250,000円
2LDK・3DK 90,000円~420,000円
3LDK・4DK 120,000円~680,000円
4LDK・5DK 150,000円~800,000円

※上記金額はあくまでも目安です。お部屋の状態や遺品の量、思い出の品の捜索や一日完了のご要望などによって、上記範囲を超えることもあります。

4-3.孤独死部屋の消臭には「遺品整理」の料金も必要

ほぼ完全に死臭を消臭されたい人は、総額で遺品整理料金との合計が必要になります。決して安い料金ではありませんが、業者選びさえ間違わなければ、その価値は十分になるのではないでしょうか。

孤独死部屋の消臭
(特殊清掃+遺品整理)
85,000円~1,300,000円(総額|ただし消費税は別途)

5.孤独死の臭いで損害賠償されることはあるの?

上記のような問合せをよくいただくので、お答えしますね。ただし法律の専門家ではないので、あくまでも参考程度に留めておいてください。

【回答】

孤独死の原因にもよりますが、自殺でない場合はそのような近隣からの損害賠償は認めれないという判決が出ているようです。また自殺の場合でも損害賠償は、大家だけに認められているようですね。実際の相談などは、必ず弁護士などの専門家に問合せをしてくださいね。

参考URL:http://www.bengo4.com/c_3/bbs/孤独死+賃貸+賠償請求/

6.まとめ

孤独死部屋の消臭方法と特殊清掃業者の存在についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。もう一度いいますが、孤独死部屋の消臭は必ず特殊清掃業者に任せることを強くおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたが抱えている「特殊清掃問題」は、
私たちが必ず解決いたします!

特殊清掃の100%無料現地見積りを受付中!

  • 自分で部屋を清掃したいが、心情的にとてもできない
  • 死臭が部屋から漏れ出し、近所から苦情がきている
  • 一人で亡くなったことを思うと、後悔の念で何もできない
  • 遠方だから自分たちで部屋を清掃できない
  • 身内として、その遺体現場の衝撃に耐えられない
  • 大家からすぐに部屋を片付けるよう迫られている
上記のどれか1つでも当てはまる人は、私たちまでご連絡ください。あなたに代わって「特殊清掃問題」を解決いたします!

しかし、その料金金額が気になりますよね。そんなときは、まずは無料現地見積りをお申込みください。 見積り当日中に正確な特殊清掃料金の総額を知ることができます。

>> 無料見積りはこちら <<

 

コメントを残す

*