葬儀社も寺院関係者も知らない!本当の意味での密葬について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
密葬2

自分の葬儀は、どのような形式がいいだろうかと、いろいろと思案している中、密葬という葬儀形式があることを知ったが、今1つ、その内容が分からないのではないでしょうか。

そこで、この記事では、「本来の密葬」と今広く知られている「密葬」の違いとその行なわれる理由についてお伝えします。ぜひ、より詳しく葬儀形式を知る判断材料にしてください。

1.本来の密葬とは

密葬2

密葬とは、広く告知や案内をせず近親者だけで行なう葬儀のことです。密葬の「密」は、秘密裏の「密」です。自殺者や生活困窮者、感染症者、犯罪関係者の死の場合に、世間に全く告知や案内をせず「秘密裏の葬儀」が行なわれてきました。それが「密葬」と呼ばれる所以であり、「本来の密葬」の形です。

まさしく、近親者等以外、誰にも知られずにひっそりと行なわれることが目的の葬儀が「本来の密葬」なのです。また葬儀をせずに火葬するだけのことを密葬と勘違いされる場合がありますが、火葬のみのことは直葬また火葬式と呼びます。

しかし、近年では、次項目でお伝えするような本来の密葬とは形が異なった密葬が一般的に知られています。

2.世間的には「本来の密葬」でない密葬が知られている

ここでは、広く知られるようになった「本来の密葬」でない一般的な密葬についてと、なぜ知られるようになったかの理由をお伝えします。

2-1.本来でない密葬①=密葬+本葬

身内だけで葬儀を行い、後日 世間に公表し本葬を行なうのが、密葬+本葬いう形式です。この形式は、特に後でお伝えするように有名人や著名人の葬儀に多くあります。その理由は、2つあります。

・盛大な本葬を行なうには、その準備に相当な日数を要すため
・近親者が、大勢の人たちと一緒に故人を偲び、見送るのが落ち着かないから

これらの理由から、まずは家族や親しい人だけで葬儀を行い、落ち着いて故人をあの世へ送り出し、後日改めて多くの関係者にも故人を偲んでいただく本葬を行ないます。

この身内の葬儀だけをみれば、まさしく社会に開かず近親者等だけで行なう葬儀ですので、密葬ということになりますが、後日 世間に公表する本葬も行なうので、本来の密葬とはその意味合いが異なります。

2-2.本来でない密葬②=家族葬

密葬は、近親者や縁深い人たちだけの葬儀なので、基本的に一般の会葬者はいません。このような形式の葬儀は、家族葬の内容と酷似しています。そのため、1995年以来、一般的には家族葬のことを密葬と呼ばれてことが多くなったようです。

家族葬には、家族だけの数人の葬儀から親戚や友人、知人まで含めた50人~60人規模の葬儀まで多様にあります。決して全く告知や案内をしないということではないので、本来の密葬とは異なります。しかし後で詳しくお伝えしますが、簡単で小規模な葬儀という面では、密葬と家族葬は共通しているともいえます。

2-3.このような密葬が知られるようになった理由

それは、寺院関係者や葬儀会社が誤解しているからです。一般の人は、普段、葬儀についてほとんど触れることがありませんので、どうしても葬儀関連の情報は、葬儀会社のサイトや担当者、お寺さん等から得るしかありません。その情報発信者から家族葬のことも密葬だと、言われればそう思いますよね。そうして次第に「密葬=家族葬」と知られていったと思われます。

■その誤解には深い訳があるかも

しかし、個人的にはこの誤解は本当に誤解かどうか怪しいと思っています。その理由は、「本来の密葬」の存在を知られると寺院関係者や葬儀会社が困るからではないでしょうか。

「本来の密葬」では、会葬者がいないので、世間体を気にする必要がなく、祭壇や花、ぶるまい料理も不要になることも、また無宗教であれば読経も不要で僧侶を呼ぶこともなくなる可能性があります。当然そうなれば、葬儀会社の売上は下がり、僧侶にはお布施が入らなくなります。それを防ぐために「密葬=家族葬」と伝えているのではないでしょうか。

この項目以降は、世間的に知られているこの2つの密葬についてもお伝えします。

3.密葬が行なわれる理由

一般的な密葬と本来の密葬が行なわれる理由は、大きく分けて3つとその他あると思われます。ここでは、それぞれの理由を見てみましょう。

3-1.芸能人や著名人などの死去だから

数百人や数千人の会葬者が予想されるような有名人や著名人の葬儀の場合、大規模な会場の手配などに掛かる日数の都合や近親者の気持ちを考慮して、すぐにできる小規模な葬儀を近親者や親しい人たちだけで行ないます。(これが密葬と呼ばれています)その後、一般会葬者にも告知や案内し、参列していただく本葬やお別れの会、偲ぶ会等が行なわれます。

3-2.煩わしさと葬儀費用を抑える為

以前の葬儀は、地域や勤務先等が主体で、対社会的に行なわれてきました。そのため、できるだけ多くの会葬者に来てもらうことが「良し」とされてきましたが、しかし、その傾向は薄れつつあります。

最近では、地域などのコミュニティーとの関係が薄れてきたため、近隣との煩わしさを排除し、近親者等のみで行なう家族葬(密葬)などの小さな葬儀が好まれる傾向にあります。またそれと同時に傾向が高まっているのが、費用を抑えた葬儀形式です。

家族葬(密葬)は、会葬者がいないまたは少数であるため、様々な葬儀費用を抑えることができます。また親しい間柄の人しか参列しないので、大きな祭壇などの無駄な見栄を張る必要はありません。広く行なわれている一般葬よりその総額費用は2分の1~3分の1になるといわれています。

この両者が時流に一致して、今 家族葬(密葬)は、爆発的に増加しています。

3-3.故人に社会的な事情があったから

例えば、故人が犯罪者や感染病者、自殺者等、社会に公表しておおっぴらに葬儀が行なうことが好ましくない場合には、「本来の密葬」で故人をあの世へ送り出すこともあります。このことはネットや葬儀会社、書籍等で確認することはほとんどできません。

なぜならば、極力、社会に知られないで葬儀を行いたい人が、この「本来の密葬」を選択するからです。もちろん、葬儀会社も寺院関係者も口を閉ざしています。そのワケは、遺族の意向もありますが、他者に伝えてもデメリットはあっても全くメリットがないからではないでしょうか。

3-4.その他の理由

  • 故人希望のため。
  • 会葬者が出席しづらい時期に亡くなり、葬儀まで日数が掛かるので、葬儀に先立って火葬するため。(例)年末年始の時期
  • 故人がご親戚やご近所、友人等との付き合いがなく、会葬者がほとんど見込めないため。
  • 東北地方など、地域の習慣として、通夜、告別式の前に火葬するため。

4.「本来の密葬」の流れ

ここでは、基本的な「本来の密葬」の流れをお伝えします。ただし、この流れのみが正しいというわけではありません。あくまでも基本とお考えください。

臨終
遺体安置
納棺
通夜 ※ごくごく身内のみで行なわれます。
葬儀式 ※一般の会葬者から弔問を受ける告別式は行ないません。
火葬
納骨

【一般的な葬儀の流れについて】
この記事でお伝えしたこと以外に一般的な葬儀の流れについても知っておくとより理解が深まります。詳しくは「一般的な葬儀終了までの流れとその後に行なわれる5つのこと」でお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

5.まとめ

今日は、「本来の密葬」と今広く知られている「密葬」の違いとその行なわれる理由などについてお伝えしましたが、ご理解されましたでしょうか。ちょっと抽象的な部分が多かったので難しかったかもしれませんね。

——————————————————————————————————————————————

【知っておきたいこと①:葬儀費用について】
いくら身内の不幸とはいえ、やはりその葬儀費用が気になりますよね。およその金額を知っておけば自ずと安心できるものです。そこで「葬儀タイプ別の費用相場とできるだけ安くできる方法」では、一般的な葬儀費用の相場などをお伝えしていますので、興味がおありの人はご覧ください。
【知っておきたいこと②:葬儀会社の選び方】
葬儀会社の中には、ドンブリ勘定で見積りをしたり、粗末な葬儀を行なうところもあります。そんな会社に依頼すると、故人に申し訳が立たないだけでなく、親族や関係者にも恥をかくことにもなりかねません。そんな事態を避けるために「葬儀会社を選ぶ際に絶対知っておくべき5つのポイント」をぜひ参考にしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

コメントを残す

*