急増しているデジタル遺品|トラブル事例と事前にしておきたい対策法

遺品整理の知識

急増しているデジタル遺品|トラブル事例と事前にしておきたい対策法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

もしも親が亡くなった際、パソコンやスマホに入っているデータって、どうすればいいのだろうか?そういえば自分が死んだ場合も…と思われていませんか。

そんなわけで、ネットで色々と情報を集めていると、デジタル遺品が今問題になっているという記事を見て、そうそう漠然と疑問に思っていたことは、まさしくデジタル遺品のことだと…。

そこで、今日は、デジタル遺品の基礎知識と、そのトラブル事例やそれらを回避するための対策について、基本的なことをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

デジタル遺品とは

デジタル遺品1

デジタル遺品とは、スマホやパソコン、タブレット内のファイルや写真、株や銀行、FXなどの電子口座、ラインやインスタ、フェイスブックなどのSNSアカウントなどの情報のことを指します。

超アナログ世代でもデジタル遺品はある

2018年現在60歳以上の高齢者でもスマホ普及率は48.2%もあります。

無論、高齢者の中には70代80代も含まれるので、超アナログ世代の人が亡くなった際もデジタル遺品があるかもしれません。

特に親と同居されていない場合、知らぬ間にスマホを購入していて、SNSアカウントや電子口座を持っていたということは多々あるようです。

スマホ普及率参照元:https://seniorguide.jp/

デジタル遺品は見えないので気づき難い

デジタル遺品と通常遺品との決定的に異なる点は、物として手にすることができないことです。

前出のようにデジタル遺品は、スマホやパソコン内の情報ですので、目に見えません。

そのためか、デジタル遺品そのものに気づかず、そのまま放置されて、トラブルに巻き込まれたり、思わぬデメリットを受けることがあります。

デジタル遺品の多くはロックされている

情報であるデジタル遺品には、ほとんどの場合、ロックされており、IDとパスワードが分からない限り、知る得ることはできません。

知る得ることが出来なければ、デジタル遺品に気づいていないのと同様に、これもまたトラブルに巻き込まれたり、思わぬデメリットを受けることがあります。

デジタル遺品のトラブル事例

この項目では、私が知人から聞いたデジタル遺品のトラブルとネットで見かけたデジタル遺品のトラブルをお伝えします。

ロック解除で40万円請求された

夫の突然死で、未亡人になった知人は、デジタル遺品であるパソコンのファイルを開くために、思いつく限りのIDとパスワードを試したそうですが、開けなかったようです。

そのため、パソコンのロック解除サービスを行なっている業者に依頼したそうです。

当然夫の突然死で、気が動揺している中ということもあるでしょうが、ロック解除1つだけで、40万円も支払ってしまったと言っていました。

生活も慣れてきて、気持ちが落ち着いた現在では、本人もぼったくりに遭ったと実感しているようでした。遺族の弱みを狙った高額請求だったことは間違いないでしょう。

真面目な亡夫のパソコンにあった禁断のファイル

Cさん(60)は、心臓発作により61歳の若さで急死した夫の葬儀や納骨を取り仕切ったあと、寂しさから夫婦の思い出の写真を求めて夫が遺したパソコンを開いた。

写真は日付ごとにきちんと分類されていたが、そのなかに「シークレット」というフォルダを発見。

気になって開いてみると、夫婦旅行の後に同じ場所を訪ねたとみられる夫と誰か知らない女性の写真が大量に保存されていた。

結婚して35年。真面目で愛妻家だった夫の姿が霧散し、Cさんは2週間寝込んでしまったという。

家族も知らなかったFX取引で1,500万円の損失!

夫の浩志さん(67歳)が交通事故で亡くなった翌日に外貨為替取引を行っている業者より連絡があり、なんとFXの取引で1,500万円の損失を被っていると言われたとのこと。

ここまでの損失になった原因は、大きな為替変動に対して、証拠金の追加や損切りをせずに放置していたことによります。

元々、1,000万円を証拠金に充てていましたが、為替の暴落により、証拠金以上の損害になってしまったとのこと。

デジタル遺品の事前対策

この項目では、死亡される前に本人がデジタル遺品に関連するトラブルを避けるための対策を3つお伝えしています。

死亡時自動削除ソフトを設定しておく

死亡時自動削除ソフトとは、指定した日数が過ぎた後や、パソコンを最後に起動した日から何日間か起動されなかった場合に、自動でパソコン内のファイルを削除するソフトになります。

このソフトを設定しておくと、自分が死んだ後、知られたくないデータファイルは削除されるので、家族への余計な負担やトラブルを避けることができます。

下記2つのソフトは無料でダウンロードできて、使い勝手も簡単なようですね。ソフトの機能や使い方については、それぞれのダウンロード先を参照してください。

ソフト名「死後の世界」

ダウンロード先 → https://freesoft-100.com/

ソフト名「僕が死んだら」

ダウンロード先 → https://freesoft-100.com/

エンディングノートに書き留めておく

エンディングノートとは、自分が死亡した後のことを考えて、生前中に希望や思いを書き留めてノートにして残しておくものです。

もしもの場合に家族が困らないよう、IDやパスワード、口座やSNSなどの情報をエンディングノートに記してはおきましょう。

そうすれば、家族がデジタル遺品に気づかずに、トラブルに見舞われたり、困惑されることも低減されます。

詳しいエンディングノートの書き方は、他サイトですが、https://souzoku-pro.info/ で説明されています。

生前整理を遺品整理業者に依頼しておく

エンディングノートにIDやパスワードを書き留めておくと、生前に家族に知られてしまう可能性がありますよね。家族とはいえ、生前に知られたくないこともありますよね。

そんな事情をお持ちの人でも、遺品整理業者が行なっている生前整理サービスを利用されることでデジタル遺品の事前対策ができます。

生前整理とは

本人が家族のために、財産問題や相続トラブル解消のために身辺を整理することです。

この生前整理でもエンディングノートを活用するのですが、実はそのエンディングノートを遺品整理業者に預けておくことができるのです。

「自分が死亡したら、この業者に連絡してくれ」と普段から家族に伝えておけば、死亡するまでは、エンディングノートが家族の手に渡ることはないので安心できます。

おススメの業者リスト

サイト名 生前整理.net
電話番号 0120-583-981
所在地 東京都港区港南3-6-21 コスモポリス品川3508
サイト名 遺品整理のクイック
電話番号 0120-833-919
所在地 東京都北区中十条1-13-7
サイト名 生前整理サービス
電話番号 0120-028-888
所在地 東京都港区六本木7-13-1 立原ビル601

デジタル遺品の事後対策

次に、すでに本人が死亡してしまって、遺族となった家族ができるデジタル遺品の事後対策3つをお伝えします。

通常遺品の中から手掛かりを探す

通常遺品の中には、インターネットバンキングやネットサービスなどの申込通知書があることがあります。

それら書類から、家族も知らなかった電子口座やIDとパスワードを知ることができます。

思い付く限りのIDとパスワードを試す

故人が好きだった言葉や趣味などから連想したり、携帯番号や誕生日、車番などを参考にして、片っ端からIDとパスワードを試すことで、デジタル遺品を見つけられることがあります。

因み情報

Docomo・softbank・auのスマホについては、遺族の依頼であってもロック解除には応じていないようです。

デジタル遺品のサポートサービス業者に依頼する

生活様式の電子化に伴って、近年ではデジタル遺品でお困りの遺族が増えたので、専門でサポートサービスを行なっている業者も増えつつあるようです。

すでにお伝えした2つの事後対策を行なってみて、解決できないようでしたら、サポートサービス業者への依頼も検討してみましょう。

ただしこのサービスは、まだできたばかりですので、料金にも大きな差額があるようですので、気を付けましょう。一応、料金の目安を次の通りになっています。

パスワード解除の料金相場

パスワード1つ 15,000円~21,000円

※基本料金・出張費を除く

デジタル遺品対策で最も多いパスワード解除サービスの料金を例にしています。その他のサービス料金は下記のおススメ業者リストのサイトでご確認ください。

また私は調べた限りでは、複雑な料金体系のようですので、しっかりと事前に電話で確認してから依頼するようにしましょう。

おススメの業者リスト

サイト名 デジタル遺品研究会ルクシー
問合せ先 メールフォーム
所在地 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビルB1階
サイト名 マレリーク
電話番号 0120-994-287
所在地 東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山942
サイト名 Dr.Home.Net
電話番号 0120-498-500
所在地 大阪府吹田市広芝町9-33 プレシデントビル7F

まとめ

今日は、デジタル遺品の基本情報とそのトラブル事例やそれらを回避するための対策についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事を読まれたことで、事前に対策するきっかけになったのでしたら幸いです。

またもうすでにデジタル遺品でお困りの人は、ここで紹介したサポートサービスを提供している業者に相談されてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたの「遺品整理問題」は
私たちが必ず解決いたします!

 

  • 突然の死亡で至急部屋を引き払わなければならない
  • 大量の遺品で自分たちだけではとても整理できない
  • 仕事で忙しくて…、遠方だから・・・遺品整理する時間がない
  • 体力的にきつくて遺品を整理することができない
  • 心身ともに憔悴していて遺品を整理する気になれない

上記のどれか1つでも当てはまる人は、私たちまでご連絡ください。あなたに代わって「遺品整理問題」を解決いたします!

しかし、その費用金額が気になりますよね。そんなときは、まずは無料現地見積りをお申込みください。
見積り当日中に正確な遺品整理費用の総額を知ることができます。

遺品整理の100%無料現地見積りを受付中!

>> 無料見積りはこちら <<

田中 翔之助

田中 翔之助

ラストクリーニングの田中 翔之助です。特殊清掃や遺品整理でお困りの方から1つでも多くの「助かった!」を集めるために、そして悪徳被害を少しでも減らすために、インターネットでの情報発信と現場作業で日々奮闘しています!

コメントを残す

avatar
  Subscribe  
Notify of