死体にウジ虫が湧くように見える理由と孤独死部屋の対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
死体 ウジ虫

死体にウジ虫が湧くという話を聞いたことはあるけど、一体どのようにして湧くのだろうかと思われていますよね。しかし、実際には、死体に自然発生的にウジ虫が湧くということはありません。

この記事では、死体でウジ虫が成長する過程と、死体からウジ虫が湧いていないと証明した実験についてお伝えします。

 1.死体でウジ虫が成長する過程

ウジ虫が湧くのではなく、死体でウジ虫が成長する過程をお伝えします。次項目で詳しく説明しますが、成長する様子は、まさしく湧いてくるようにも見えるかもしれませんね。

1-1.死体が腐敗する

事故現場の清掃:フトンに遺体

豚や牛などの生肉を常温で放置していると、腐ってしまいますよね。それと同様に人間の死体も腐ってしまいます。その理由は体内に潜んでいる菌です。生きている間は、免疫作用が働き、それらが異常に増殖することがありませんが、死後は、免疫力がゼロになるので、一気に菌が増殖して腐敗が進みます。

1-2.死臭が発生する

死体ウジ虫:フトンの腐った遺体から死臭が出ている

腐敗すると、当然腐った匂いが発生します。死体からの腐敗臭は死臭とも言われています。その死臭成分は、ハエが好む揮発性脂肪酸や窒素化合物、硫黄化合物なのです。これらは私たち人間にとっては、強烈な悪臭ですが、ハエによっては、好物の香りになるのでしょう。

1-3.ハエの成虫が死体に集まる

死体ウジ虫:フトンの腐った遺体にハエが多数群がっている

その悪臭に引き寄せられてハエの成虫が死体に集まります。一般住宅では、一見ハエの成虫がいないように思われていますが、わずかな隙間はあれば、いくらでもハエは侵入してきますので、孤独死の場合は、ほとんどのケースでは死体にハエやゴキブリが集まっています。

1-4.ハエの成虫が死体に卵を産み付ける

死体ウジ虫:ハエが産卵している

メスのハエは死体を貪っている最中に、産卵し卵を死体に産み付けます。エサの近くに産卵することでより多くの子孫を残せることを本能的に知っているかのように、異常に多くの卵を産み付けます。1回に50~150個の卵を産み、一生に500個の卵を産みといわれています。

1-5.卵がふ化してウジ虫になる

死体ウジ虫:卵⇒ウジ虫

卵は、産卵から1日足らずでふ化し、ウジ虫になり、その期間は約1週間です。その1週間の間にサナギになるために栄養を死体から摂取します。

1-6.ウジ虫がエサとなる死体に群がり食べる

死体ウジ虫:遺体にうじ虫が多数群がっている

死体の奥深くまで食い散らかします。その様は、まるで死体の中からウジ虫が湧いているように見えます。

1-7.やがてウジ虫がさなぎになり、成虫であるハエに成長します

死体ウジ虫:さなぎ⇒ハエ成虫

ウジ虫は、さなぎに変身するため、乾燥した場所に移動し4日~5日を過ごし、ハエへと成長し、次のエサ場へ飛び立っていきます。

卵→ウジ虫→さなぎ→ハエへの成長期間は、約2週間です。

2.死体体内からウジ虫が湧いているわけはない

巷では、よく「ウジ虫が湧く」といわれていますが、決して自然的にウジ虫が死体内部から発生するわけではありません。死体に産み付けられた小さな卵からふ化したウジ虫がグネグネと動き回って死体を貪り、段々と大きく成長しているだけなのです。卵がなければ、ウジ虫も発生することはありません。

しかし、現実はどうであれ、その様子を描写するには、「ウジ虫が湧く」という表現がピッタリだと個人的には思います。

一方、昔の人たちは、死体の中でウジ虫がグネグネと動き回る様子をみて、本当にウジ虫が湧いてきたと思われていたようです。当時はこの自然発生説が優勢だったようですが、しかし、1668年にフランチェスコ・レディの実験により、その自然発生説が覆させられました。

2-1.フランチェスコ・レディの実験

その実験でレディは、6つのびんを用意し、それを3つずつ2グループに分けた。それぞれのグループの1つめのびんには未知の物体を入れ、2つめには魚の死骸、3つめには生の子牛肉の塊を入れた。そして一方のグループはびんの口に目の細かいガーゼをつけて空気しか出入りしないようにし、もう一方には何もつけないでそのままにしておいた。数日後、びんの口に何もつけなかった方はハエが自由に出入りできたため蛆がわき、ガーゼで覆った方には蛆はわかなかった。

次に彼は、蛆を捕らえてそれが変態するのを待つ実験を行った。蛆はハエになった。さらに死んだ蛆やハエを動物の死体や生肉と一緒にガーゼをかけたびんに入れておいたが、蛆はわかなかった。

このように「ウジ虫が湧く」という表現をしても、実際に死体体内から自然的にウジ虫が湧いているわけはないということは知っておきましょう。

3.死体ウジ虫の動画リンク集

下記のリンク先動画は、かなりグロテスクな内容になっていますので、視聴になられる人は、覚悟を決めてご覧ください。これら動画を視聴されて、気分を悪くされたり、PSTDの症状が出ることもありますので、必ず自己責任で視聴してください。

【衝撃映像注意!!】ウジ虫による死体処理が驚異的な件について

https://www.youtube.com/watch?v=3kINvUQGeWc

【超グロ】ウジ虫が足に寄生してしまった男

https://www.youtube.com/watch?v=jqr0XFOY41M

庭に魚を設置したらウジ虫が湧きました

https://www.youtube.com/watch?v=qgj70NEaw68

ウジ虫誕生の瞬間【グロ注意】

https://www.youtube.com/watch?v=mof9S5obgCI

4.孤独死部屋のウジ虫でお困りの人へ

親族が孤独死して、その部屋のウジ虫駆除でお困りの人は、孤独死部屋の清掃専門業者に依頼することをおススメします。その理由は、通常のハウスクリーニング業者では、引き受けてもらえないことが多く、また死臭消臭もキチンとできないからです。

孤独死部屋の清掃専門業者は、業界用語では「特殊清掃業者」と呼ばれています。特殊清掃については「特殊清掃を思い付いたときに押させておくべき10のポイント」でその内容を詳しくお伝えしています。

5.まとめ

今日は、死体でウジ虫が成長する過程と、死体からウジ虫が湧いていないと証明した実験についてお伝えしましたが、頭の中のモヤモヤは解消されたでしょうか。実際にウジ虫でお困りの人は、一度特殊清掃業者に相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたが抱えている「特殊清掃問題」は、
私たちが必ず解決いたします!

特殊清掃の100%無料現地見積りを受付中!

  • 自分で部屋を清掃したいが、心情的にとてもできない
  • 死臭が部屋から漏れ出し、近所から苦情がきている
  • 一人で亡くなったことを思うと、後悔の念で何もできない
  • 遠方だから自分たちで部屋を清掃できない
  • 身内として、その遺体現場の衝撃に耐えられない
  • 大家からすぐに部屋を片付けるよう迫られている
上記のどれか1つでも当てはまる人は、私たちまでご連絡ください。あなたに代わって「特殊清掃問題」を解決いたします!

しかし、その料金金額が気になりますよね。そんなときは、まずは無料現地見積りをお申込みください。 見積り当日中に正確な特殊清掃料金の総額を知ることができます。

>> 無料見積りはこちら <<

 

コメントを残す

*