死体清掃に携われる具体的な職種名と実際の仕事内容について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
死体 清掃

人の死に直接関わる仕事に就きたいと思い、死体清掃や死体洗いというキーワードで検索し、情報収集をされている最中ですよね。しかし、具体的にどんな職種の募集を見つければ、死体清掃などの仕事ができるのかが、今ひとつはっきりしていないのではないでしょうか。

この記事では、検索すべき具体的な職種名と、死体現場専用の清掃会社についてお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

ラストクリーニング記事中ボタン

【私たちの特殊清掃サービスについて】

  • 老舗の経験と技術で、99.9%以上消臭できます。
  • 可能な限り、即日に特殊清掃作業を開始します。
  • 料金に上限を設けており、違法な高額請求はいたしません。
  • ご近所に極力、迷惑をお掛けしないように消臭いたします。
  • 依頼者の代わりに丁寧な特殊清掃作業を常に心掛けています。

 1. 死体清掃や死体洗いに携われる3つの職種

よくネット上では、死体清掃や死体洗いの高給アルバイトがあると囁かれていますが、それはいわゆる都市伝説に近いと思っていいでしょう。なぜならば、死体清掃や死体洗いには、技術の習得や経験が不可欠だからです。とてもアルバイト感覚でできる仕事ではありません。

しかし、それらに該当する職種ならあります。実際に死体清掃や死体洗い、死に化粧を行なう職種には、主に以下の3つがあるのではないでしょうか。

1-1. 医療機関のエンバーミング

 

エンバーミングとは、美しい死に顔を保つため、死体を修復し化粧すること。専門技術者のエンバーマーが全身を殺菌消毒し、血液を抜いて防腐剤を注入、傷を縫合し、大きな欠損部は補う。普及率は米国では9割、英国や北欧では7割だが、日本遺体衛生保存協会によると、日本は1%強。

参照URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/エンバーミング

この職業に就きたい人は、エンバーマー募集をしている医療機関に連絡してみましょう。

1-2. 葬儀会社の納棺師

死体清掃:納棺師1

納棺師とは、死者を棺に納めるために必要な作業と関連商品の販売を行う職業人である。映画『おくりびと』でその存在が世間に知られることとなり納棺師に対する興味と職業としての納棺師、産業としての納棺が知られた。呼称は他に湯灌師、復元納棺師と決まった規定はない。

仕事内容は、主に葬儀社からの依頼で火葬までの遺体の状態を管理しつつ、遺族や参列者等が故人と対面できる様に遺体の見栄えを整える。具体的には、ドライアイス等で内臓や体全体を冷やし腐敗の進行を抑えたり、表情を整え臭いを抑える含み綿、経帷子等の衣装に着替えさせ顔剃りや化粧をする。変死体の場合は死因に沿って遺族にショックを和らげるような処置をする。

参照URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/納棺師

医療機関のエンバーマーと重複する仕事内容でもありますが、日本人のイメージと合致している死体清掃の職業といえば、この納棺師でしょう。この職業に就くには、まずが葬儀会社に就職をしてその業界の常識や、自分に合うかどうかを確かめてから納棺師を目指す人が多いようです。

また納棺師には公的な資格はありませんが、専門学校に入学し、勉強して葬儀会社へ就職という方法もあるようです。詳しくはhttp://www.shokugyou.net/shoku-iryou/noukansi.htmlでご確認してください。

1-3. 警察の生活環境部

死体清掃:警察官1

警察で一時、死体を保管しておく安置所は、警察の生活環境部が担当していることが多いようです。死亡者確認のため、顔や身体的に特徴がある部分は、この生活環境部の担当者が綺麗に施されるようです。まずは警察の採用試験に合格し、その後の配属で生活環境部を希望すれば、その職種に就くことができるでしょう。

【注意点】
もしも、高給を目的に上記の職種に就こうとお考えでしたら、再考を強くおススメします。実際、給料は一般の職種と変わりありませんし、何よりもそのような志では、とても勤められないからです。この仕事は、死者への弔いと遺族への寄り添う、強い気持ちをお持ちの人が就くべきでしょう。

2. 死体現場の清掃には専門業者があり人員を募集している

特殊清掃:害虫駆除

死体そのものの清掃は、すでにお伝えしたように葬儀会社や医療機関、警察が行なうのが一般的ですが、死体の痕跡がある部屋などの現場を清掃することは決してありません。また、死体から放たれる死臭を嫌い、通常のハウスクリーニング業者も死体現場の清掃を請け負っているところは皆無でしょう。

2-1. 特殊清掃業者の登場

そこで、近年では、そのような特殊な部屋を清掃する専門業者が登場しています。その業者は「特殊清掃」業者と呼ばれていて、部屋の中で充満している死体の腐敗臭を消臭し、清掃する技術に長けています。特殊清掃の方法については「特特殊清掃の事例と費用相場|特殊清掃員として働く際の注意点」で詳しくお伝えしています。

2-2. 特殊清掃会社への求人の探し方へ

ここ数十年間、孤独死の件数は、増加傾向にあります。そういうわけで、特殊清掃会社では、求人を募集しているところもあるようです。特殊清掃は、あくまでも清掃なので、まずは見習いアルバイトとして採用され、経験やノウハウを得て、正社員として採用されるという流れが通常です。

アルバイト求人として、より採用されやすくなる方法を「特殊清掃の事例と費用相場|特殊清掃員として働く際の注意点」でお伝えしています。本気で特殊清掃会社で仕事をしたい人には必見情報です。

3. 死体現場の清掃を業者に依頼するときに気をつける点

今、この記事をご覧のほとんどの人は、死体現場の清掃業者に依頼をしたことはないのではないしょうか。経験がなければ、当然不安になりますよね。特にこういう清掃って高額になりそうだし、悪徳業者の数が多いように感じますよね。

そこで、少しでもその不安や不信感を取り除いていただくために、特殊清掃業者に依頼する際に気をつける点を一部挙げてみました。

  • 悪徳業者がやっていること
  • 特殊清掃料金に定価はない
  • 悪徳の基準は死臭消臭効果で判断すべき

より詳しい死体現場の清掃を業者に依頼するときに気をつける点は「プロ直伝!特殊清掃会社で悪徳業者と優良業者を見分ける方法」でお伝えしています。ぜひ業者選びの参考にしてください。

4. 死体現場の清掃事例や体験談を集めてみました。

最後に、私がネットで見つけたかなり怖そうな死体現場で清掃事例とそこで働いている人の体験談を集めてみました。

4-1. 特殊清掃の仕事をしているっていうと…

少なくとも自分が働いていた会社ではそうだった。ただ動物の場合は死骸が残っていることが結構あって、長期旅行で犬を室内に放置していた客から依頼の電話が来ることが多い。

そういう仕事だから、死骸のあったシミの上にまだ死骸があるような錯覚を起こしたり、たまに錯覚では片付けられないおかしい事が起こったりもするけれど、慣れてくれば不思議と気にならなくなる。

続きを読む

http://urban-legend.tsuvasa.com/tokusyuseisouinwa-mita

4-2. 特殊清掃員の仕事は辛かった(変なバイト体験談)

どうも。奇跡のフリーターです。風俗ゲバ!!ではもうすでに様々なアルバイト体験をお話してきましたが、今回ご紹介するのは一番つらかったアルバイトです。

その仕事とは…ずばり、「特殊清掃員」です!聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?一体どんな仕事なのか、詳しく説明していきましょう!

続きを読む

http://urbanwildlife2011.org/1300/

4-3. 特殊清掃の仕事をしていたことがある【社会の闇】

特殊清掃の仕事をしていたことがあって、自分の働いていた会社は死人の出た部屋のそうじやペットの死体処理、ゴミ屋敷の撤去まで受注していた。

ゴミ屋敷の撤去、とりわけゴミの処分方法は地域によってかなり差がある。法人が家屋内のゴミをトラックに積むっていう作業自体に自治体の許可が必要だ。

続きを読む

http://www.paranormal-ch.com/tokushu-seisou

5. まとめ

死体清掃の職に就ける具体的な職種名と、死体現場専用の清掃会社についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。どちらとも生半可な気持ちでは勤まらないお仕事であることはありませんので、もう一度よく考えてから具体的な職探しの行動をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたが抱えている「特殊清掃問題」は、私たちが必ず解決いたします!

特殊清掃の100%無料現地見積りを受付中!

  • 自分で部屋を清掃したいが、心情的にとてもできない
  • 死臭が部屋から漏れ出し、近所から苦情がきている
  • 一人で亡くなったことを思うと、後悔の念で何もできない
  • 遠方だから自分たちで部屋を清掃できない
  • 身内として、その遺体現場の衝撃に耐えられない
  • 大家からすぐに部屋を片付けるよう迫られている
上記のどれか1つでも当てはまる人は、私たちまでご連絡ください。あなたに代わって「特殊清掃問題」を解決いたします!

しかし、その料金金額が気になりますよね。そんなときは、まずは無料現地見積りをお申込みください。見積り当日中に正確な特殊清掃料金の総額を知ることができます。

>> 無料見積りはこちら <<

 

コメントを残す

*