遺言書の基礎知識|正しい書き方と発見したときの対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
遺言書

「遺品の中なら遺言書が見つかった」「年も年だから、そろそろ遺言書を」などの理由で遺言書について興味を持たれているのではないでしょうか。

今日は、遺言書の種類とその正しい書き方、そして遺言書を発見したときの対処方法をおつたえします。是非参考にしてください。

1.遺言書には3つの危険性がある

まずは、遺言書の種類など基本的なことをお伝えする前に、遺言書の危険性について3つお伝えします。特に今から遺言書を作成予定の人は、とても重要ですのでしっかりと覚えておきましょう。

1-1.書き方によっては無効になることがある

遺言書は、当人の自由な様式で書いたら、法的にその遺言書が無効になることがあります。つまり遺言書は、はじめから無かったことになります。なぜならば、民法では、遺言書の要件が定まられているからです。民法968条 → https://ja.wikibooks.org/wiki/民法第968条/

1-2.紛失や滅失されることがある

一般的に遺言書の保管場所は、自宅や施設、貸金庫などがあります。遺族が故人の生活用品を処分する際、見落として遺言書も一緒に処分されてしまう可能性があります。当然発見されなければ、遺言書は無かったものと見なされます。

1-3.改ざんや偽造の恐れがある

遺族の手で遺言書が発見された場合、第一発見者によって、自分に都合がいいように改ざんや偽造される恐れも否定できません。特に遺族以外の人に財産相続させる内容の遺言書であれば、その可能性はさらに高まるでしょう。

これらの危険に遭わないように、以降お伝えする遺言書の基本的なことを知っておきましょう。

2.遺言書には3種類ある

遺言書といえば、手書きで自宅に保管されているイメージが強いと思いますが、実はそれ以外にも遺言書はあります。ここでは代表的な3つの遺言書の種類をお伝えします。

2-1.自筆証書遺言

遺言者自身が全文、日付、氏名を自筆で書いて、押印されているものが自筆証書遺言です。ワープロや代筆のものは無効になります。最も多い遺言書の種類でしょう。

■メリット

・ほとんど費用が掛からない。
・いつでも新しい遺言書が書ける。
・遺言の内容を秘密にできる。

■デメリット

・紛失、変造、隠匿(隠すこと)等の可能性がある。
・遺言書の要件を満たしていないと無効となる可能性がある。
・家庭裁判所での検認が必要になる。

【検認とは】相続人に遺言の存在とその内容を通知し、遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造や変造等を防ぐ手続です。自筆証書遺言と秘密証書遺言は、この検認を受けないと、その遺言書は法的な要件を満たしたことになりません。
※遺言書の内容が有効か無効かを判断する手続きではありません。

さらに詳しい自筆証書遺言については、http://123s.zei.ac/yuigon/jihituyuigonn.htmlでご確認ください。

2-2.公正証書遺言

まず公正証書とは、公証人が作成した文書のことです。公証人とは、主に裁判官や検察官の退職者等、法律を専門とする地方法務局嘱託の公務員のことです。遺言をこの公正証書にしたものを公正証書遺言といいます。

■メリット

・公証役場で遺言書の原本は保管されますので、紛失・変造の心配がない。
・必ず要件を満たした遺言書になる。
・家庭裁判所での検認が不要になる。

■デメリット

・証人2人以上ともに作成するので、遺言書の内容を秘密にできない。
・結構な費用と手間が掛かる。(およそ1~2万円)
・必ず証人2人以上を準備しなければならない。

さらに詳しい公正証書遺言については、http://123s.zei.ac/yuigon/kouseiyuigonn.htmlでご確認ください。

2-3.秘密証書遺言

この秘密証書遺言はあまり知られていません。年間で全国約100人程度しか、この種類を選択されていないようです。しかし、どうしても遺言書の内容を秘密にした人には、大変有効な遺言書の種類です。

遺言書の書き方は、遺言者自身が署名、押印していれば、ワープロや代筆でも構いません。その遺言書を封筒に入れ封をした後、証人2人以上を連れて公証役場に提出します。そうすれば遺言書の内容は秘密だが、存在自体は証明されて秘密証書遺言となります。

■メリット

・公証役場に提出するので、存在が証明され、作成日も特定できる。
・遺言の内容を秘密にできる。

■デメリット

・結構な費用と手間が掛かる。(およそ1~2万円)
・必ず証人2人以上を準備しなければならない。
・紛失、変造、隠匿(隠すこと)等の可能性がある。
・遺言書の要件を満たしていないと無効となる可能性がある。
・家庭裁判所での検認が必要になる。

メリットよりもデメリットが多いので、どうしても遺言内容を秘密にしたい人以外は、不向きな遺言書の種類といえます。

さらに詳しい秘密証書遺言については、http://123s.zei.ac/yuigon/himituyuigonn.htmlでご確認ください。

【遺言書種類の比較表】

自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
難易度 最もやさしい 難しい 少し難しい
費用 ほとんど掛からない 16,000円~+証人依頼費用 11,000円~+証人依頼費用
保管 本人、推定相続人、遺言執行者、受遺者、友人など 原本は公証役場、正本と写しは本人、推定相続人、受遺者、遺言執行者など 本人、推定相続人、遺言執行者、受遺者、友人など
秘密性 遺言の存在、内容共に秘密にできる 遺言の存在、内容共に秘密にできない。証人から内容が漏れる可能性がある 遺言の存在は秘密にできないが、遺言の内容は秘密にできる
紛失、変造の可能性 共にある 紛失の場合は再発行できる、変造の可能性はない。 共にある
検認 必要 不要 必要
お勧め度 ないよりまし 特にお勧め お勧めしません

ちなみに上記3つ以外の口頭やメール、ビデオDVDによる遺言は、法律上無効になります。

3.遺言書が有効になる正しい書き方

ここでは、自筆証書遺言を書く際に、その遺言書が有効にするためのポイントを9つお伝えします。

3-1.遺言書のすべてを自筆で書く

遺言書のタイトル、本文、記述日付、名前など、遺言書すべてを遺言人自身で書かなければ、その遺言書は無効扱いになります。遺言書は、必ずすべて自筆で書くようにしてください。

3-2.最上部にタイトルとして遺言書と明記する

遺言書にタイトルが無くても無効ではありませんが、この書類が遺言書であることを明確にするためにもタイトルは、はっきりと「遺言書」と書くほうがいいでしょう。

3-3.最下部に記述年月日を書き、署名と押印をする

遺言書の最下部に、記述年月日・署名・押印は、必須です。記述年月日を書くときは×年×月×日とはっきりと書いてください。×年×月吉日は無効扱いになります。押印は、認印でも有効ですが、実印のほうがいいでしょう。

3-4.消しゴム等で消せない筆記用具で書く

鉛筆や消えるボールペンで書くと、内容を書き換われる恐れがあるので、消せないボールペンや万年筆、マジックなどで書くようにしましょう。

3-5.相続財産は誰でも特定できるように書く

せっかく遺言書を書いても、相続財産の特定があいまいだと、それが原因で、遺族間で争いが起きることもあります。相続財産は誰にでも特定できるように書くことが重要です。
特に土地と建物の場合は、登記簿に記載されていることをそのまま書くことをおススメします。

3-6.相続人は誰でも特定できるように書く

遺言書では、誰が読んでも特定できるようにしておかないと、トラブルの元になってしまう可能性があります。相続人の記述方法は、氏名だけでなく、遺言者との続柄や誕生日も書いておけば、誰にでも特定できるでしょう。

3-7.相続割合はあいまいな表現で書かない

例えば、漠然と「妻に2分の1・長男に4分の1・次男に4分の1」等と記述した場合、もしも相続財産が土地と家しかない場合、3人で共有にするか家と土地を売って現金で分けてから相続することになります。
家や土地を共有にすると、将来 土地を売却する際、3人全員の同意が必要になり、いろいろな面倒や不都合が出てきます。相続時にその家と土地を売って現金で分けた場合、家族3人が同居していれば、新たに住居を探すことになります。余計な費用が掛かってしまいます。

このような状況にさせないためには、「××は妻に・□□は長男に・○○は次男に」と相続させる財産を明示して書いたほうが得策といえます。

3-8.遺言執行人を書く

遺言執行者とは、相続財産の管理や処分ができる能力を持ち、遺言書の内容を執行することを許された人をいいます。遺言書で遺言執行者を書くことにより、相続手続に不正が発生しにくくなり、遺言内容に沿ってスムーズに相続が進みやすくなります。ちなみに遺言執行者は、遺言書に記述する方法でしか指定することはできません。

3-9.書き終えたら、封筒に入れて封印をする

書き終えた遺言書は、改ざんや不正を防ぐためにも封筒に入れて封印するようにしておくといいでしょう。その際、封印する印鑑は、遺言書に押印した印鑑と同じものがよりいいでしょう。

上記条件を満たしていない遺言書は、無効になる可能性があります。最悪の場合、あなたの意思が全く反映されなくなり、法定割合による遺産相続になってしまうので注意しましょう。
また無効にならなくても、遺族間でのトラブルの元になることもあり、それはあなたも不本意ですよね。極力、遺言書は上記を参考にして正しい書き方をしましょう。

4.遺言書の具体的な探し方

ここでは、代表的な2通りの具体的な遺言書の探し方をお伝えします。

4-1.公正証書遺言の場合

公証役場で作成された公正証書遺言の各データ(氏名、生年月日、証書作成年月日など。※遺言内容は除く。)は、日本公証人連合会に登録されていますので、最寄りの公証役場に行けば、公正証書遺言の有無を調べることができます。これを遺言検索システムといいます。

この遺言検索の手続きは、相続人またはその代理人しかすることはできません。それぞれ、必要な書類は異なりますので、http://www4.ocn.ne.jp/~showa-n/igon.html#遺言検索 で確認してから公証役場に行き、手続きをしましょう。

4-2.自筆証書遺言と秘密証書遺言の場合

公正証書遺言のように便利な捜索方法はありません。自宅や病院、老人施設などを地道に探すしかありません。仏壇や神棚、押入れ、引き出しなど大切な物が入っていそうな箇所を重点的に整理しながら探すと、効率よく遺言書を探し出すことができます。また貸金庫や別荘があれば、そちらも忘れずに念入りに探してみましょう。

5.遺言書を発見したときの対処方法

ここでは、遺言書を発見したときに、絶対に気を付けて欲しいことにポイントを置いてその対処方法をお伝えします。

5-1.まずは、キチンと保管する

汚したり、破損したり、紛失しないように、できれば金庫などの保管場所がいいでしょう。
それと同時に、他の相続人にも遺言者を発見したことを知らせましょう。知らせていないと、最悪の場合、そのことが原因であなた自身が相続人の資格を剥奪されることもあります。

5-2.開封しないこと

封印されている遺言書は、すぐに開封してはいけません。開封してもその遺言書は無効にはならないが、開封したら5万円以下の過料に処せられることがあります。遺言書は開封しないで、そのまま家庭裁判所で検認の手続きをしましょう。

5-3.家庭裁判所で検認手続き後、開封

検認手続きの約1ヶ月後ごろに、家庭裁判所でも開封手続きがあります。全員の相続人の前で遺言書を開封します。

5-4.相続手続きの開始

遺言書の有効性が認められれば、その内容に沿って、具体的な財産の相続手続きが開始されます。

マンガで説明されていて非常に分かりやすいサイトがありましたので、参考にしてみてください。http://www.isansouzoku-mio.com/case13.html

6.遺留分は遺言書よりも優先される

相続財産は、故人が築かれた財産なので、故人の意思である遺言書を一番に優先すべきという考え方がありますが、もしも財産のすべてを赤の他人に譲るという遺言者だったら、故人の財産に寄与して生活していた遺族が路頭に迷うことにもなりかねません。

そこで、民法では、遺留分として法定相続人には、遺言書よりも優先して相続できる財産割合が認められています。遺留分については、http://iryuubun.com/iryubun/index.html で詳しく説明されていますので、ご覧ください。

7.遺言書に関する代表的な3つの質問

この項目では、巷でよく聞かれる遺言書に関する代表的な3つの質問をお伝えします。

7-1.遺言書に時効はありますか?

【回答】遺言は、原則として遺言者が死亡した時に効力が発生し、効力発生後に遺言の効力が時効によって消滅することはありません。

さらに詳しい回答は、http://www.shakyo-miura.com/wordpress/consultation/2014/10/28/遺言書の効力に時効はありますか?/ をご覧ください。

7-2.内容の矛盾する遺言書が2通発見されたらどうなるの?

【回答】遺言は、作成した本人が生きているうち(遺言能力があるうち)は、何度でも作成し直すことができます。そして、本人の死後に、内容の矛盾する遺言が複数発見された場合には、最も新しい(死亡日に近い)遺言が優先します。

さらに詳しい回答は、http://mbp-ishikawa.com/mori/column/833/ をご覧ください。

7-3.遺言書の内容を変更したいが、どうすればいいの?

【回答】遺言の内容はいつでも、何度でも、変更したり、取り消すことができます。また、遺言書の一部だけを変更したり、取り消すこともできます。

さらに詳しい回答は、http://www.homunico-igon.com/255/25520/ をご覧ください。

その他、私の場合はこの遺言書でどうなるの?などの個別の質問は、専門家にお尋ねください。

名称 電話番号 所在地
税理士法人チェスター 0120-390-203 東京都中央区日本橋室町3-4-7
ヒューリック日本橋室町ビル10階
佐々木公認会計士事務所 0066-9682-91247 東京都 港区赤坂3-13-4 第3吉田ビル4階
井川真理子整理士事務所 06-6940-7395 大阪市北区茶屋町8番21号
ジオグランデ梅田507号

8.まとめ

基本的な遺言書とその正しい書き方、遺言書を発見したときの対処方法をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。あくまでも遺言書の基本的なことしか承知していないので、個々の具体的な疑問や相談は、遺産相続の専門家にお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

コメントを残す

*