独居死があった部屋を特殊清掃業者に依頼する前に知るべき事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
遺品整理:フトン

身内が独居死してしまい、その驚きと悲しみが収まらない中、不動産会社や近隣から連絡があり、部屋掃除のために特殊清掃業者を探されているのではありませんか。でもはじめてのことなので何かと心配ですよね。

そこで、今日は、実際に特殊清掃業者が行なっている基本的な清掃方法と、独居死清掃は特殊清掃の専門業者に任せるべき理由、それに失敗しない特殊清掃業者の見分け方と価格目安をお伝えしていますので、ぜひ参考にしてください。

1.特殊清掃業者が行なっている独居死部屋の清掃方法

キチンとした死臭消臭技術を持った特殊清掃業者は、基本的には次のような手順で独居死部屋を清掃しています。

1-1.腐敗体液が付着した物の回収

特殊清掃:腐敗体液付着物の撤去

まずは、死臭を放っている腐敗体液が付着した物を室外へ運び出し回収します。例え僅かな腐敗体液でも独居死部屋に残っていると死臭は消えませんので、何度も腐敗体液が付着した物がないかをチェックします。

1-2.ゴキブリやうじ虫などの害虫駆除

特殊清掃:害虫駆除

特に夏場では、独居死した翌日からハエやゴキブリなどの害虫が発生することは珍しくありません。腐敗体液が付着した物の回収後は、極力すべての害虫を退治できるように素早くホウキや掃除機などで駆除します。

1-3.腐敗体液が付着した箇所の拭き取りと洗浄

腐敗臭消臭:床の拭き取り作業

床や壁などに付着した腐敗体液は、撤去ができないので、雑巾やブラシなどの道具を使用して腐敗体液の拭き取りと洗浄を行ないます。特にドアや敷居付近など凹凸がある箇所では、丁寧で細かい作業が必要になります。

1-4.該当箇所への消臭剤と消毒剤の噴霧

特殊清掃:床死臭消臭

独居死の遺体があった該当箇所は、いくら拭き取りと洗浄をしてもどうしても死臭が残ってしまうので、独居死専用の消臭剤と消毒剤を噴霧することで死臭を消臭します。

1-5.死臭消臭の確認チェック

腐敗臭消臭:床に鼻で確認

特殊清掃業者によっては、消臭計などの機械で消臭をチェックしているところもあるようですが、私たちは機械に頼らず、該当箇所に鼻を数センチまで近づけて死臭消臭の確認チェックをしています。

1-6.遺品整理とその搬出

腐敗臭消臭:家具の運び出し作業

意外と思われるかもしれませんが、腐敗体液が直接付着していない家電や家具などにも死臭が染み付いている独居死部屋がほとんどです。そのため、99%死臭を消臭するためには遺品整理とその搬出が必須になります。

1-7.部屋全体のホコリ取り清掃

孤独死 遺品整理:床や鴨居などにはたき、もう一人が掃除機をかけている

また独居死部屋にあるホコリなどの小さなゴミにも、死臭は染み付いていることもありますので、必要に応じてハタキや掃除機などで部屋全体のホコリ取り清掃を行います。これを怠ると、僅かに死臭が残ってしまいます。

1-8.消毒剤の噴霧(部屋全体)

腐敗臭消毒:天井・壁・床にスプレー

天井や壁にも死臭を発生させる雑菌が付いていると思われる場合は、部屋全体に消毒剤を噴霧します。この作業は、独居死部屋の状態によっては行なわないこともあります。

1-9.消臭剤の噴霧(部屋全体)

腐敗臭消臭:天井・壁・床にスプレー

天井や壁にも死臭が染み付いていると思われる場合は、部屋全体に消臭剤を噴霧します。この作業は、独居死部屋の状態によっては行なわないこともあります。

1-10.最終的な消臭チェック

遺体現場 清掃:帽子を反対に被って鼻を近づけて消臭確認している。

最後にもう一度該当箇所の消臭チェックと独居死部屋全体の消臭チェックを行ないます。もしも死臭が残っていたら、再度腐敗体液の有無チェックや消臭剤の噴霧などを繰り返します。

2.独居死清掃は特殊清掃業者に任せるべき3つの理由

この項目では、独居死清掃はハウスクリーニング業者でもなく、不用品回収業者でもなく、特殊清掃業者に任せるべき3つの理由をお伝えしています。

2-1.キチンと独居死の死臭消臭ができるから

通常のハウスクリーニング業者に独居死があった部屋の清掃を依頼すると、死臭消臭作業の独自の段取りがわからないので、キチンと消臭できない可能性が非常に高くなるといわざるを得ません。その点、特殊清掃業者は死臭消臭のプロですので全くぬかりはありません。

2-2.しっかりと遺品の整理が行なわれるから

先ほどもお伝えしましたが、特殊清掃には遺品整理も付きものです。そのため特殊清掃業者は、遺品整理の経験も豊富で、遺品の中から貴重品や思い出の品が見つかる可能性が高まります。一方、不用品回収業者は、遺品の中身を確認せず、トラックに載せて回収するだけですので、大切な品を見つけることが難しくなります。

2-3.リフォーム等の高額な出費を抑えることができるから

特殊清掃業者とは、文字通り清掃業者ですので、いきなりリフォームを勧めることはしません。まずは、特殊清掃のみで死臭が消臭できるように努力するのが、特殊清掃業者の本来の姿ではないでしょうか。リフォームでも死臭消臭はできますが、ご想像通りその費用は特殊清掃より高額になりがちです。

【注意】特殊清掃業者と名乗っている中には、リフォーム業者も含まれていることがありますので、次項目を参考にして見つけ出しましょう。

3.失敗しない特殊清掃業者の見分け方

不幸にも身内が独居死で亡くなってしまい、その部屋を清掃するために特殊清掃業者をお探しですねよ。しかしはじめてのことなどで色々と不安ですねよ。特にキチンと死臭消臭されないのでは…、または数百万円などの法外な高額請求されるのでは…と、悪徳業者の存在が気になっていると思われます。

そこで「プロ直伝!特殊清掃会社で悪徳業者と優良業者を見分ける方法」では、その悪徳業者の具体的な手口や優良業者の絶対条件などをお伝えしていますので、業者選びの際に参考にしてください。

4.特殊清掃の価格目安(総額)

特殊清掃 55,000円~500,000円(総額|ただし消費税は別途)

※遺体発見までの日数や亡くなった箇所、腐乱状態等によってどうしても金額に大きな幅があることはご了承ください。
※原状回復リフォーム費用は含まれていません。
※家具の処分などの遺品整理料金は含まれていません。

4-1. 特殊清掃料金の内訳

腐敗体液・汚物撤去 20,000円~250,000円
害虫駆除 15,000円~100,000円
消臭消毒 20,000円~150,000円

4-2.特殊清掃だけで死臭を消臭することはできない

遺体の腐敗状況にもよりますが、通常遺体があった箇所だけ、清掃しても死臭が消えることはありません。そのわけは、遺品にも死臭が移っているからです。特殊清掃だけでは、約80%の死臭は消臭されますが、残りの約20%は残ってしまいます。

20%残るイメージは、室内では臭いが分かりますが、室外に臭いが漏れ出すことが無い程度になります。それでは、納得できない人は合わせて遺品整理も依頼することをおススメします。

■遺品整理の料金相場(総額|ただし消費税は別途)

ワンルーム 30,000円~100,000円
1DK 30,000円~120,000円
1LDK・2DK 50,000円~250,000円
2LDK・3DK 90,000円~420,000円
3LDK・4DK 120,000円~680,000円
4LDK・5DK 150,000円~800,000円

※上記金額はあくまでも目安です。お部屋の状態や遺品の量、思い出の品の捜索や一日完了のご要望などによって、上記範囲を超えることもあります。

4-3.死臭消臭には「特殊清掃」と「遺品整理」の料金が必要

ほぼ完全に死臭を消臭されたい人は、総額で特殊清掃料金と遺品整理料金の合計が必要になります。決して安い料金ではありませんが、業者選びさえ間違わなければ、その価値は十分にあるのではないでしょうか。

死臭消臭
(特殊清掃+遺品整理)
85,000円~1,300,000円(総額|ただし消費税は別途)

さらに特殊清掃料金について、その実態を知りたい人は「知らないと損!本当の特殊清掃料金を知るための7つポイント」で、低額な特殊清掃業者のデメリットや具体的なボッタクリ料金の情報も載せていますので訪れてみてください。

5.まとめ

今日は、実際に特殊清掃業者が行なっている基本的な清掃方法と、独居死清掃は特殊清掃業者に任せるべき理由、それに失敗しない特殊清掃業者の見分け方と価格目安をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?業者選びの際に少しでもあなたのお力になれればうれしく思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたが抱えている「特殊清掃問題」は、
私たちが必ず解決いたします!

特殊清掃の100%無料現地見積りを受付中!

  • 自分で部屋を清掃したいが、心情的にとてもできない
  • 死臭が部屋から漏れ出し、近所から苦情がきている
  • 一人で亡くなったことを思うと、後悔の念で何もできない
  • 遠方だから自分たちで部屋を清掃できない
  • 身内として、その遺体現場の衝撃に耐えられない
  • 大家からすぐに部屋を片付けるよう迫られている
上記のどれか1つでも当てはまる人は、私たちまでご連絡ください。あなたに代わって「特殊清掃問題」を解決いたします!

しかし、その料金金額が気になりますよね。そんなときは、まずは無料現地見積りをお申込みください。 見積り当日中に正確な特殊清掃料金の総額を知ることができます。

>> 無料見積りはこちら <<

 

コメントを残す

*