ネット上の孤独死画像を分かりやすく、まとめてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
孤独死 画像

ニュースやネットなどで孤独死が増加していることを知り、人間って孤独死したら、どんな風になるのだろうと、その画像を検索しているのではありませんか。

そこで、ネット上にある孤独死画像のうち、私たち清掃業者サイドからみて、より実際の現場に近くて、分かりやすい画像をピックアップしてまとめてみました。

1.孤独死現場の画像集

孤独死の発見が多い順に、箇所ごとの画像を掲載しています。悲惨で気分を害する可能性がある孤独死画像ばかりですので、見られる前に心の準備をお願いします。

1-1.フトンの中での孤独死画像

画像①

実際に孤独死が起こった部屋の様子。亡くなってから時間が経過したため、布団の上に人型になって体液がくっきり残っている。

画像②

一人暮らしで死後数ヶ月経過。玄関の外まで死臭が漂っている。腐敗体液が体内から漏れ、フトンや床にも広がっている。うじ虫も発生している。

画像③

原因は不明だが、起床時に倒れてそのまま亡くなったようです。人型のシミが付いています。近くには、目覚まし時計や缶コーヒー、ライター等があり、寸前までそこで生活していたことがわかります。

1-2.トイレでの孤独死画像

画像①

トイレでお亡くなりになる原因の一つとして、オーバーシュートが高い割合を占めています。

【オーバーシュート】とは
トイレでいきむ事や立ち上がる際に急激な血圧、心拍数の上昇により心筋梗塞や脳卒中を引き起こしてしまうことです。

画像②

福岡県の戸建住宅での孤独死画像です。トイレでの孤独死は非常に多く、気分が悪くなりトイレに駆け込み、そのまま亡くなるケースが多いようです。

画像③

特に持病をお持ちの人に多いようですが、トイレに入って力む際に症状が急激に悪化して、亡くなってしまうこともあるようです、

1-3.風呂場での孤独死画像

画像①

横浜市の風呂場での孤独死画像です。亡くなった人の髪の毛や血痕がバスタブに付いています。辺りは、腐敗臭で満ちていました。

画像②

風呂を沸かしながら入浴し、その時に亡くなったらしい。その死因はヒートショックと思われる。人間の肉体は、煮詰まわられると、風呂の湯をこのような色に変わるらしい。

【ヒートショック】とは
急激な温度の変化により血圧の乱高下や脈拍の変動が起こること。冬場の入浴時や冷暖房の効いた部屋から外へ出た時などに起こりやすく、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などの深刻な疾患につながる危険性がある。

画像③

風呂場で亡くなった後、そのどす黒く変化した湯を抜いた後の孤独死画像と思われます。所々に腐食した肉体から流れ出たものが付着しているのが見えます。

1-4.居間での孤独死画像

画像①

名古屋市のワンルームマンションで、死後1ヶ月で発見。コタツでくつろいでいる最中に亡くなった模様。冬場でも1ヶ月経過していれば、死臭はかなりきつくなるようです。

画像②

畳の上で亡くなったと思われる人型の跡がはっきりと確認できます。雑誌やコンビニ袋などが近くにあり、死の直前までの様子が手に取るようにわかります。

画像③

福岡市内のアパートでの孤独死画像です。管理人の話では、死後あまり経過していないとのことだったようですが、この現場画像から想像するとかなりの期間が経過していると思われます。

1-5.廊下での孤独死画像

画像①

一人暮らしの男性が廊下で亡くなられた為、体液が廊下全体に広がってしまっていたという案件です。死後1か月、床全体から腐敗臭が漂っています。

画像②

死因は不明ですが、廊下で倒れてそのまま亡くなられたようです。遺体は、警察が引き取っているのでありませんが、この画像をみれば、遺体がどのような状態だったかがわかります。

画像③

高齢の男性が廊下で孤独死されたようです。このように廊下に腐敗シミが浸み込むと、フローリングを取り替えるリフォームが必要になると思われます。

2.孤独死現場を専門に清掃する業者がいる

前項目でお見せしたような画像の部屋は、通常のハウスクリーニング業者が清掃することが困難なことが想像できますよね。実際にほとんどのハウスクリーニング業者では、孤独死があった部屋の清掃と聞くと、途端に拒絶します。

そこで、最近では「特殊清掃」という孤独死現場を専門に清掃や消臭を行なう業者が登場しています。ハウスクリーニング業者が持っていない孤独死に伴う死臭の消臭や遺品整理のノウハウを持っているのが特殊清掃業者です。

詳しくは「孤独死清掃は特殊清掃業者にすべき理由と正しい業者の選び方」でその詳細をお伝えしています。孤独死の清掃でお困りの人には必見情報です。

3.孤独死清掃の費用目安

孤独死清掃 55,000円~500,000円(総額|ただし消費税は別途)
  • 遺体発見までの日数や亡くなった箇所、腐乱状態等で金額に幅があります。
  • リフォーム費用は含まれていません。
  • 遺品整理、回収の料金は含まれていません。

3-1.孤独死清掃費用の内訳(総額|ただし消費税は別途)

腐敗体液・汚物撤去 20,000円~350,000円
害虫駆除 15,000円~50,000円
消臭消毒 20,000円~100,000円

多分、皆さんが思っていた以上に費用目安が高かったのではないでしょうか。しかし孤独死清掃は、皆さんが想像を絶するほどの猛烈な死臭が漂う中で作業をしなければならないこともあります。そのため、通常のハウスクリーニング費用と比べものにならないほど高額になるのが普通です。

さらに詳しく特殊清掃の費用について知りたい人は、「知っておくべき!孤独死清掃の費用目安と支払う責任がある人」で詳しくお伝えしていますので、ぜひ一度ご覧ください。

4.孤独死があった部屋のその後について

孤独死があった部屋って、その後どのようになるのか気になりますよね。そこで当社の関連業者に詳しく聞き取りをしたら、大まかには次の3つのうち、いずれかになっているようです。

4-1.そのまま放置

所有住宅で比較的過疎な地域では、相続人が遠方だったり、またはすでに亡くなったりしてて、そのまま放置されることも結構あるようです。また近隣住民も高齢者が多いので、「明日はわが身」と捉えて腐敗臭等で問題になるケースもあまりないため、そのまま放置されることが多いのではないでしょうか。

4-2.内装を全面リノベーション

孤独死してから相当期間が経過後、発見された場合は、室内の床や壁、天井、水回り等すべてをリノベーションして、売却または賃貸住宅にするようです。当然ですが、その価格や家賃は相場よりかなり安くしないと買い手や借り手は現れないでしょう。

4-3.室内の片付けと消臭

賃貸住宅の場合、孤独死発見が早く部屋の傷みが比較的少ないときは、片付けと消臭をしてクロス張替えなどをして、再び賃貸入居者を募集します。

しかし、片付けや消臭は、通常のハウスクリーニング業者には依頼されていないようです。そのワケは、「孤独死の消臭方法と専門業者に任せるべき3つの理由」で説明しています。

5.まとめ

この記事では、ネット上で散乱している孤独死現場の画像を分かりやすくまとめてみましたが、分かりやすかったでしょうか。現実は、人間は孤独死したら画像のようになります。この現実はしっかりと受け止めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたが抱えている「特殊清掃問題」は、
私たちが必ず解決いたします!

特殊清掃の100%無料現地見積りを受付中!

  • 自分で部屋を清掃したいが、心情的にとてもできない
  • 死臭が部屋から漏れ出し、近所から苦情がきている
  • 一人で亡くなったことを思うと、後悔の念で何もできない
  • 遠方だから自分たちで部屋を清掃できない
  • 身内として、その遺体現場の衝撃に耐えられない
  • 大家からすぐに部屋を片付けるよう迫られている
上記のどれか1つでも当てはまる人は、私たちまでご連絡ください。あなたに代わって「特殊清掃問題」を解決いたします!

しかし、その料金金額が気になりますよね。そんなときは、まずは無料現地見積りをお申込みください。 見積り当日中に正確な特殊清掃料金の総額を知ることができます。

>> 無料見積りはこちら <<

 

コメントを残す

*